美術書の買取価格はいくら?高額査定してくれるお店を紹介!

美術書の買取価格はいくら?高額査定してくれるお店を紹介!

美術系の学校に通っていたり、アート関連の仕事をしていた方の中には、不要な美術書が自宅に眠っている、という方もいるでしょう。

美術系の本は、分厚かったり、サイズが大きいものが多いため、置き場所や保管に困っている方は少なくありません。

「捨てるのはもったいないけど、場所をとるのでどうにかしたい」と考えている方は、買取サービスを使って現金化するのはいかがでしょうか。

美術書は買取で高く売れる?

美術系の専門書は万人向けの書籍ではないため、「どうせ高く売れないだろう」と考え、買取に出さずに処分をしてしまう人もいますが、実際は高額査定を狙いやすいジャンルの1つです。

もちろん利用するお店によって買取価格が異なるため、高く売るには美術本の買取に適したお店を選ぶ必要がありますが、美術関連の書籍は定価が高いこともあって、買取価格も高額になりやすい傾向があります。

美術の本の中には、5,000円以上の買取価格が付けられているものもあるので、不要の美術書があれば買取に出してみるのがオススメです。

どんな美術書を買取ってもらえるの?

美術書と一言でいっても、画集、写真集、美術解剖図、展覧会の図録など種類は多種多様です。

さらに、現代美術や西洋美術史、日本美術史、東洋美術史など、アートのジャンルは細分化されています。

デザインや建築美術、彫刻工芸など、アートに関するものなら基本的には美術書として扱われているため、美術書に明確な定義はないと言えます。

美術書はジャンルの幅が非常に広く、マニアックな書籍にはなりますが、一定数の需要があるのも確かです。

既に絶版になっていたり、そもそもの発行部数が少ないことから入手しにくい美術書も多く、中古で買い求める人は珍しくないため、買取でも高額査定が期待できます。

漫画・アニメの設定資料集や、イラストレーターの画集なども買取してもらえますの?

お店にもよりますが、基本的には買取対象商品になります。

本だけでなく漫画の買取もしているお店なら、売れる所がほとんどですね。

美術系の本を高価買取してもらうポイント

こんな美術書は高額査定が期待できる!

基本的に、書籍は発売から日が浅いものほど需要が高く、高値で売れるのが通常です。

しかし、美術書の場合は絶版になっていたり、入手困難なことから、古いものでも重宝される傾向にあります。

多少の汚れや日焼けがあっても、希少性が高いものなら、高額査定になるケースも珍しくありません。

売りたい美術本が年季の入っているものでも、「古いから値段が付かないだろう」と最初から諦めてしまうのは非常にもったいない事です。

比較的新しい美術書はもちろん、古いものでもまずは一度査定に出してみることをおすすめします。

有名作家の著書や、現在話題になっている芸術家の出している書籍なども、高額査定を受けやすくなります。

また、日焼けや破れ、汚れなどが無い状態の本の方が高値が付くため、高価買取を狙うなら、日頃から丁寧に扱い、保管場所に気を付けるのが懸命です。

美術書が高く売れるお店の特徴

美術書は中古でも高い価値を持つ物が多いですが、どんなお店でも高値で買い取ってもらえるわけではありません。

ブックオフやゲオ、古本市場など、全国展開しているお店なら、高く買取してくれるように思えますが、全国展開しているお店ほど美術書の査定が厳しいのが現状です。

実店舗を構えているお店の場合、そのお店がある地域の人しか利用客がいないので、美術書のようにマニアックな書籍だと売れ残ってしまう可能性があります。

売れ残りのリスクが高い商品にわざわざ高値は付けてくれないので、著名な作家の本や、希少性の高い美術書でも安値を付けられてしまうことが多いのです。

買取価格にこだわるなら、無店舗経営をしているネットの買取店を利用するのが有効と言えます。

全国展開しているお店なら、どんなジャンルの本でも高く買取してくれるイメージがありますけど、実際は違いますのね・・・。

実店舗を構えて運営しているお店は、人件費や運営費もかかるため、できるだけ商品を安く買い取ってコストを節約する必要があります。

無店舗経営のお店と比べると、残念ながら買取価格は安くなりがちなんですよ。

美術系の本を売るならネットの買取店へ

美術書のように買い手を選ぶ書籍なら、全国に再販ルートを持っているネットの買取店を利用するのが一番です。

ネットの買取店は実店舗と違い、買取した商品を全国に再販できるため、マニアックな書籍でも確実に売り捌くことができます。

そのため、在庫リスクを心配して無駄に安値を付けたりせず、美術書の価値に見合った査定額で買い取ってくれるのです。

また、無店舗経営なので、経費が実店舗ほどかからず、浮いた分のコストは本の買取価格に上乗せしてくれるのも嬉しいポイントと言えます。

売りたい本をダンボール箱に入れて送るだけなので、空いている時間で査定に出せるのに加えて、送料・査定料・梱包材・キャンセル料などが無料のため、利用者に余計な費用もかかりません。

キャンセル料が無料のお店もありますの?それは安心ですわね♪

でもキャンセルした場合、送った美術本の返送料はどちらの負担になるのですか?

返送料の規定はお店によって異なりますが、買取店が負担してくれるサービスも多いですよ!

本の点数や箱数など制限を設けているばあいもあるので、利用前にホームページで確認しておくと安心です。

美術関連の本の買取に強いお店3選!

ブックサプライ

ブックサプライのHPでは、バーコードを入力することで現在の書籍の買取価格が分かる「リアルタイム査定」が受けられます。

また、発売から1ヶ月以内の本なら、レシートと一緒に送ることで定価の半分以上の値段を付けてくれるキャンペーンも魅力的です。

送料だけでなく、キャンセル時の返送料も無料なので、買取初心者の方にも使いやすい店舗と言えるでしょう。

ネットオフ

美術解剖図から画集、指南書まで幅広い種類の美術書を買取しているネットオフ。

「買取金額30%アップ」といったお得なキャンペーンが開催されているのに加えて、ネットオフを初めて利用する方なら最高で買取価格が2,000円アップする特典も付いています。

22時までに申込をすれば翌日には集荷に来てもらえるので、思い立った時にすぐに利用できるのもポイントですが、最近は査定の遅延が度々生じており、現在は査定結果連絡まで約25日とかなり待たされてしまいます。

Vaboo

5点から本を無料で査定に出せるので、売りたい商品が少ない方にも使いやすいお店です。

Vabooは、発売から1年以内の本なら10~30%の買取価格を保証している他、専門書の買取にも力を入れているので、美術書の査定額にも期待が持てるでしょう。

ただし、梱包材の無料提供は行っていないうえに、バブリープライス掲載品以外の本は他店より安くなってしまう事が多いので、よく検討した上で利用しましょう。

美術系の本も宅配買取サービスでお得に処分!

美術書を高値で売るなら、利用する買取店の選択は非常に重要になります。

どんなに価値のある本でも、正当な査定をしてくれるお店に出さないと、高価買取は期待できません。

ネットの買取店なら、本に見合った価値を付けてもらいやすいうえに、キャンペーンなどでさらに査定額がアップすることもあります。

全国から送料無料で本を査定に出せるので、売りたい商品が大量にある方や、近場に美術書を買い取ってくれるお店がないという方にもピッタリです。

また、キャンセル時の返送料を含む、利用料が完全無料のお店も多いので、初心者の方でも安心して利用できます。

少しでも高く売りたいなら、実店舗にこだわらず、ネットの宅配買取店の利用も検討してみましょう。