ブランド買取は交渉できる!査定額アップに繋がる値上げテクニック

ブランド買取は交渉できる!査定額アップに繋がる値上げテクニック

ブランド買取店を利用する時、「少しでも高く売りたい!」と誰もが思うものですが、実はほとんどの買取店では価格の交渉を行う事ができます

しかし、多くの人は最初の査定額だけで利用を判断してしまい、最高価格まで上げることが出来ていません。

どのような点に注意すればより高く買取ってもらえるのか、交渉時に気を付けたいポイントや交渉テクニックを紹介します。

買取店を利用する前に確認して、少しでも高くオトクにブランド品を整理しましょう。

価格アップを期待するには、査定前のケアが肝心

ブランド品は定価が高く、中古でも需要の多いアイテムなので、価格交渉がしやすいジャンルです。

しかし、どこまで買取価格を上げてもらえるかは、品物そのものの状態によって変わります。

少しでも高く買取ってもらうためには、交渉の前に自分でできるケアを行い、より良い状態に整えておく事が大切です。

素材別のセルフメンテナンスで、状態をより良く

買取られたブランド品は中古として再販されるため、当然汚いものよりは綺麗なものの方が高く売ることが出来ます。

使用による傷や破損は直すことができませんが、革や金属の状態、ホコリや汚れの付着は自宅でも綺麗にケアすることが可能ですので、査定前に行うとより評価が高くなります。

セルフメンテナンスを行う時は、各素材に合わせたお手入れを行う事が非常に大切です。

誤った方法でお手入れを行ってしまうと、シミができたり、汚れが広がってしまう可能性があります。

説明書があるアイテムは記載の通りに行うのが一番ですが、ない場合は自己判断せず、素材別のケア方法を確認してから実施しましょう。

付属品はできるだけ揃えておく

売りたいブランド品を高価買取してもらうためには、中古としても需要のある状態にする必要があります。

売るアイテムを綺麗にするだけでなく、購入時についてきた付属品が完璧に揃っている状態だと、より高く売ることが出来ます。

購入した時を思い出し、下記の付属品がついていなかったか、売る前に揃っているかどうかを確認しましょう。

  • 外箱(化粧箱)、内袋
  • 説明書、保証書、ギャランティーカード
  • ベルト、ストラップ、時計の余りコマなど付属品
  • チャーム、キーホルダー、パスケースなどの付属アイテム

バッグについていたチャームを、シカさんに食べられちゃったっ!

付属品が揃っていない状態だと、買取ってもらえないのかな~?

付属品が完全に揃っていなくても、ブランド品を売ることはできるわ。

ただ、揃っている状態に比べると買取価格が減額されてしまうので、交渉しづらくなってしまうから、できるだけ揃えて査定してもらいたい所ね!

交渉を切り出すタイミングはいつ?

ベストなタイミングは価格提示の時

ブランド買取店で最初に提示される査定額は、限界の金額でないことがほとんどです。

少しでも安く買取ることが出来れば、その分お店の利益になるため、最初は低めの金額を見せているのです。

そのため、価格の交渉を切り出すタイミングは、最初に査定額を提示された時がベストと言えます。

査定を始める前から「いくらで売りたい」と言ってしまうと、もしそれ以上の金額で買取れたとしても希望額での買取となり、結果的に高く売ることが出来ません。

また、事前に伝えた希望額が実際と大きく離れていると、相場が分からない人だと思われてしまい、より安く買取られる原因になりかねませんので注意しましょう。

出張買取は査定士に乗せられるな!

出張買取は相手と対面して査定が行われるため、価格交渉をするには最適な方法です。

しかし一方で、査定士のペースにのまれてしまうと余計な情報まで与えてしまい、交渉しづらい状況になったり、交渉時に不利になってしまう恐れがあるのです。

相手もプロですから、顧客から情報を引き出す会話術を勉強していたり、楽しい空間を作って話しやすい環境を作ろうとすることもあります。

楽しく話をするのはもちろん良い事ですが、査定額に影響するような内容を話してしまわないよう、冷静に対応することも大切です。

私おしゃべりだから、いらない事まで言っちゃいそうだわ~。

交渉をする前に、どんな事は言わない方が良いの~?

基本的に「もう使わない」とか「もういらない」という事が分かってしまうと、安く買取られてしまう可能性があるから、注意したいわね。

あとは、査定に影響するような状態に関する情報は、あえて利用者からは伝えずに、査定と相手からの質問だけで判断してもらうのもポイントよ。

ブランド品の買取価格を上げる交渉術

では、実際にブランド品の買取価格を交渉するとなったら、どんな事に気を付けて話せば良いのでしょうか。

ここからは、誰でも実際に使える、簡単な交渉術をお伝えします。

態度に注意!相手が気持ちよく取引きできる対応を

「交渉術」と聞くと会話ばかりに注目しがちですが、実は最も重要なのは交渉する人の態度です。

価格の交渉は相手に無理を言ったり、限界まで頑張ってもらう必要がありますので、「このお客さんのためなら、頑張ってあげよう」と思ってもらうことが大切です。

つまり、威圧的・高圧的な態度や上から目線の口調、人の話を聞かない一方的な対応では、高く買取ってもらう事はできません。

きちんと査定士の話をよく聞いて、丁寧に話をして交渉することが、成功率アップの秘訣です。

「Give And Take」の精神で売る気を見せる

買取店はブランド品を売ってもらう事がお店の利益に繋がるので、少しでも多くの品物を買取りたいという気持ちがあります。

そのため、売る気が無さそうに見えるお客様よりは、売る気のある積極的なお客様の方が、価格を上げてもらいやすくなるのです。

「もし希望額まで上げてくれるなら、今日成約(売却)します」と伝えた方が、価格アップを検討しやすく、結果的に交渉に応じてもらいやすいのです。

ただし、「今日売ります」と言っておき、買取価格を上げてもらいながら、結果的に売らないというのはNGです。

自分の言葉には責任を持って、相手が交渉に応じてくれたのであれば、きちんとそのお店で売却しましょう。

他店の見積もりを出して交渉する

価格交渉をする際、あまりにも相場をかけ離れた希望額を出すと、相手も困惑してしまい交渉になりません。

しかし、特に初めて利用する場合は「いくらと言えば、現実的な交渉ができるのか」が分からないものです。

そこで活用できるのが、他の買取店の見積もりです。

事前に相見積もりを取っておくことで、アイテムごとの価格が確認できるため、もし提示額が安かった場合に交渉材料として使う事ができます。

また、買取店としても他店を引き合いに出されると、自店で売ってもらうためにいくらで買取れば良いのか金額が具体的に把握でき、交渉に応じやすくなります。

事前に相見積もりを取りたいならココがおすすめ!

他の買取店の見積もりは、ブランド品の交渉をする際に有効な手段ですが、ブランド品の市場価値は毎日変動してしまうため、また同じお店に再査定を依頼しても同額で買取ってもらえるとは限りません。

そのため、相見積もりを取る場合は、一定期間同じ価格での買取を保証してくれるお店を使うと安心です。

下記の2店舗は、金額保証のある再買取サービスを行っており、さらにキャンセル時の返送料も無料なので、査定額の比較店舗として活用できます。

ブランディア

テレビCMでもよく見かける有名ブランド買取店で、6,000以上のブランドを買取っており、ハイブランドからアパレルブランドまで幅広い取り扱いです。

大手なので超高額が見込める訳ではありませんが、全体的に安定した適正価格が付けられます。

キャンセル後の再買取は2か月間有効で、しかも市場価格が上がっていれば高い方の価格で買取ってくれるためオトクです。

ネットオフ

総合買取店の中でも大手のネットオフは、豊富な買取実績と高い顧客満足度が自慢です。

特に革製品(バッグ、財布、キーケースなど)の買取に強く、査定風景や管理状況なども公開されているため、安心感があります。

お得で魅力的なキャンペーンも多いのですが、再買取時はキャンペーンの特典分を差し引かれてしまうのが難点です。

価格アップは準備段階から!ポイントをおさえて効果的に交渉を

ブランド品は価格交渉のしやすいアイテムが多いですが、綺麗で付属品が揃っている状態だとより交渉に応じてもらいやすくなるため、事前の準備からしっかり行う事が大切です。

交渉を行う際は、相手が査定額を提示してから相談し、丁寧で謙虚に対応することを心がけましょう。

また、交渉の時は他店の相見積もりを持っていると、より対応してもらいやすくなるため、時間に余裕があれば事前に取得しておきたいところです。

ただし、相場は毎日変動してしまうので、再買取での価格保証を行っているお店を利用すると安心です。