着物買取店で羽織は売れる?相場価格や損せず売るコツも調査

着物買取店で羽織は売れる?相場価格や損せず売るコツも調査

「羽織を購入したけど、あまり着る機会がない」「サイズが合わなくなった」など、羽織の処分を考える理由は様々です。

しかし、振袖や留袖のように羽織も買取店で売れるのか分からず迷っている方も中にはいるでしょう。

羽織の処分に頭を悩ませる人向けに、羽織の売却におすすめの買取方法や、高く売れる商品の特徴などをまとめました。

買取相場価格についても紹介しているので、これから羽織を売る予定の方はぜひ目を通してみてください。

羽織を処分するなら買取がオススメ

着る機会を失い、箪笥の肥やしになっている羽織をどうすべきか悩んでいる方もいるでしょう。

「いつか着るかも・・・」と保管し続ける人もいますが、羽織は綺麗に保管するのが難しいため、着る予定がないなら早めに売ってしまうのが懸命です。

着用せずに箪笥の中で保管をしておくだけでも、虫食いやカビは発生してしまうため、長期間着物を保存するのは簡単ではありません。

状態が悪くなってしまってからでは、いくら高級な羽織でも高くは売れないため、綺麗なうちに査定に出して高価買取を狙うようにしてください。

和装上着の1つ「羽織」

羽織は、元々男性が着るものでしたが、明治以降には一般女性も着用するようになり、現在では洋服で言うカーディガンのような存在です。

比較的にカジュアルな着物に合わせる和装上着で、着物が汚れたり、日焼けをするのを防ぐ役目を持っています。

礼装として着用することはありませんが、七五三やお宮参り、子どもの入学式や卒業式といったイベントに着る方は多いです。

また、同じ和装上着でも道行は屋内に入ったら脱ぐのがマナーですが、羽織は着用したまままでも問題ないので、上着としての使い勝手が良いのも魅力でしょう。

羽織も買取できるの?

着物の買取というと、振袖や留袖、訪問着などをイメージする方も多いですが、着物を専門にしているお店に依頼すれば、羽織も問題なく買い取ってもらうことが可能です。

振袖や留袖に比べると、若干中古の買取価格は下がりますが、状態や商品の質によっては数万円で取引されることもあります。

着物を着る時のお洒落として羽織を購入する人もおり、中古市場でも羽織の需要はあるので、処分を考えている方は買取に出すのがオススメです。

着物の買取店なら、どこのお店でも羽織は売れるのかしら~?

着物の専門店なら、羽織を含む和装全般を扱っている所が多いですが、店舗によって買取対象商品は多少異なりますわ。

不安な方は、HPなどで取扱商品を確認してから、買取を依頼してくださいね。

羽織の買取価格の相場はいくら?

羽織を買取店に出した場合、どのくらいの値段で買取してもらえるのか、買取価格の相場を調べました。

高く売れる羽織の特徴についても述べているので、自分の売りたい羽織に当てはまる項目があるかチェックしてみてください。

羽織の買取相場価格を公開!

羽織と一言でいっても、商品の状態や作家、産地、アンティークなのかによって買取価格は大きく変わります。

無名の羽織だと、100円~1,000円程が相場ですが、アンティークの正絹の羽織なら10,000円前後で取引されることが多いです。

ほとんど着用していない商品や、未使用品のように状態が良い物なら、さらに査定額はアップするでしょう。

また、京都の西陣織羽織のような伝統工芸品なら20,000円以上の買取価格が望めます。

他の着物もそうだけど、やっぱり羽織も伝統工芸品は高く売れるのね~♪

伝統工芸品や作家物の羽織を買取に出す際は、証紙も一緒に送るのを忘れないよう注意ですわ。

証紙がないだけで査定額が大きく下がってしまうので、たとう紙の中や箪笥をくまなく探してくださいね。

高く売れる羽織の特徴

時代によって羽織のデザインの流行が変わりますが、現在は昭和初期頃に流行った、膝下まであるアンティークの長羽織が注目を集めています。

さらに、アンティーク羽織はデザインが大胆かつ斬新な物が多く、その点でも人気があるようです。

アンティーク羽織の需要は高まっているので、自分では古くて売れないように思える商品でも、積極的に査定に出してみましょう。

また、作家が作った羽織や伝統工芸品も高額査定が狙いやすい他、再仕立てしやすい理由から、160㎝以上の大き目の羽織も高値で売れる傾向があります。

どんな羽織でも、保管状態が良いもの程高値が付きやすくなります。

逆に、虫食いや日焼け、カビがあると減額ポイントとなってしまうため、日頃から大切に扱うようにしましょう。

羽織を損せず売る方法を伝授!

実際に買取店に持ち込んだり、ネットで出品をしたりと、羽織を売る方法は色々ありますが、どの買取方法が最もお得に売れるのでしょうか。

それぞれの買取方法の特徴をまとめたので、比較して自分に適した買取方法を確認してみましょう。

ネットオークションやフリマアプリはどう?

インターネットが普及した現代では、不用品の処分にネットオークションやフリマアプリを利用する方も多いです。

自分で価格が設定できるので、納得のいく値段で売れるようにも思えますが、羽織などの着物が相場より高く売れることはほとんど無いのが現状です。

高めの値段で出品すると、いつまでたっても落札されないため、現金化することもできません。

また、ネットオークションやフリマアプリは販売手数料がかかるため落札価格を全額受け取れないというデメリットもあります。

加えて、出品するための写真撮影や、商品の梱包・発送、落札者との連絡、入金確認など、全て自身で行わなければならないため、忙しい人には不向きな処分方法です。

基本的にネットオークションやフリマアプリは個人間での取引になるため、クレームなどの対処も自分で行う必要があります。

詐欺や言いがかりなど、トラブルに発展するケースもあるので十分に注意して利用するようにしましょう。

高く売るならリサイクルショップはNG

総合リサイクルショップでは様々な商品を取り扱っており、羽織を含む着物の買取をしている所も多いです。

着物が買取対象のリサイクルショップなら羽織を売ることもできますが、査定額には期待できないので注意してください。

リサイクルショップには、着物を専門とする査定士はいないので羽織が持つ本来の価値を査定してもらうのは難しいのです。

リサイクルショップで着物を売ると、相場価格より下の値段を付けられてしまうことがほとんどで、損をしてしまう可能性が高いので気を付けましょう。

着物の買取をしているからといって、査定士に着物の知識があるとは限らないのね~。

利用者本人にも知識がない場合、知らず知らずの内に安値で着物を手放してしまうケースも多いですわ。

見合った価値を付けてもらうためにも、専門の方に見て貰うのが一番ですのよ。

着物専門の買取店を利用するのが一番

羽織に正当な値段を付けてもらいたいなら、着物の知識がある査定士に見てもらうのが最も有効です。

呉服店や着物買取店を探して持ち込むのも手ですが、現在では近場にお店がない人でも利用できる、ネットが窓口の着物買取店を利用する人が増えています。

ネットの買取店なら、自宅にいながら無料で商品を買取に出せるため、近場に着物買取店がない方でも手軽に羽織の査定が受けられます。

宅配買取では、羽織をダンボール箱に梱包して査定に送りますが、送料は店舗が負担してくれるので、利用者は完全無料で利用できるのです。

送った羽織を査定するのは、着物専門のプロの査定士なので、商品に見合った価格を付けてもらえるのも大きなメリットでしょう。

ネットの着物買取店の中には、宅配買取だけでなく出張査定が利用できる所もあります。

出張料やキャンセル料は無料なので、「羽織を送るのが心配」「自宅まで査定に来て欲しい」という方も安心して利用できるでしょう。

高価買取のためにも羽織は着物の専門店へ

上着としても役立つうえに、着物のお洒落の幅を広げてくれる羽織は中古市場でも需要があります。

無名の羽織なら1,000円前後の買取価格が通常ですが、作家や産地、状態によってはさらに査定額アップが狙えることもあるので、価値の気になる羽織があるなら一度は査定を受けてみましょう。

査定を受ける時には、不当に安値を付けられないためにも、着物専門の買取店を利用して、着物に精通した査定士に見てもらうようにしてください。

劣化してしまう前に査定を受けるのも、高く売るうえで重要なことなので、着る予定のない羽織は早めに査定に出すようにしましょう。