赤本は買取に出せる?お得に売る方法やおすすめ店舗まとめ

赤本は買取に出せる?お得に売る方法やおすすめ店舗まとめ

高校や大学受験で欠かせないのが赤本の存在ですが、受験が終わると同時に置き場所に困る人は少なくありません。

実は、赤本の買取事情を知っておけば不要になった赤本をお得に買い取ってもらうことも可能です。

使い終えた赤本を賢く現金化する方法や、高額査定になりやすい専門の宅配買取店について紹介しているのでぜひ参考にしてください。

そもそも赤本は買取で売ることはできるの?

中古でも赤本は売却できる

赤本は受験などが終わると不要になることがほとんどで、どう処分しようか迷っている方も少なくないでしょう。

普通の参考書や教材と比較しても赤本は需要が限定的なので、買取で現金化するのが難しいと思われがちですが、お店を選べば赤本も値段を付けて買い取ってもらうことは可能です。

使い終えた赤本でも次の受験生たちにとっては価値のある教材のため、赤本の買取価格を保証しているお店もあるほどです。

中古の赤本ってあまり価値のないイメージでしたがお店によっては積極的に買取していますのね。

勉強熱心な人は過去に販売されていた赤本も使って勉強しますからね。

新旧問わずに赤本には価値があるので、発行から数年経っているものでも売れることが多いです。

一般的な古本屋では買取不可になりがち

赤本も現金化することは可能ですが、どこのお店でも売れるわけではないため注意が必要です。

漫画や小説のように大衆向けの書籍ではないこともあり、お店に置いておいても売れ残るリスクが高いため買取対象外としているお店は珍しくありません。

よって、ブックオフや古本市場などの古本屋に持ち込んでも値段が付かないことの方が多いのです。

また、買取可能だったとしても査定額にはあまり期待できません。

少しでも高く売りたいなら、再販ルートが豊富で教材に精通した査定士が在籍しているお店へ査定を依頼するようにしましょう。

教材の買取に特化した宅配買取店がおすすめ

赤本を少しでも高く売るなら教材の買取に強いお店で査定してもらうのが一番ですが、近場に教材メインのお店がないという人の方が多いでしょう。

今は自宅から売りたい物を送るだけで簡単に現金化できる宅配買取店が人気を集めています。

お店までわざわざ赤本を持って行かなくても査定が受けられるので、近くに買取店がない人や忙しい人からも重宝されています。

また、宅配買取店はネットを通して商品を全国に再販するため、赤本のような需要が限定的な商品にもしっかり値段を付けてくれるのが魅力です。

ネットを窓口とする宅配買取店は古本屋のようにお店を構えていないため、人件費やテナント費が浮く分商品の買取価格を高くしてくれる傾向があります。

また、商品を査定に出す際の送料や手数料もお店が負担してくれるので、お客様はお金をかけずに赤本を高く売ることが可能です。

こんな赤本でも買取に出してOK?

書き込みがあっても査定は可能

赤本は勉強に使う書籍ということもあって、答えを直接書き込んだりラインマーカーを引いて使っていた人も多いかと思います。

本来なら書き込みのある書籍は買取不可となることの方が多いですが、赤本の場合多少書き込みがあっても問題なく買取してもらえるため売却を諦める必要はありません。

お店によって基準は異なりますが、書き込みの量が全体の3割程度が買取可能な基準と考えていいでしょう。

消せる書き込みは消しゴムなどで消してから買取に出した方がいいんでしょうか?

鉛筆での少量の書き込みなら消しておくのもありですね。

ただ、消しゴムをかけたことでページが汚れたり破れるとかえって査定額が下がってしまうので、無理に書き込みを消す必要はありませんよ。

古い赤本には思わぬ値段が付くことも!?

赤本は新しい物ほど買取店で重宝される傾向がありますが、古い物だからと言って値段が付かないわけではありません。

流通量が少なく手に入りにくい昔の赤本はプレミア価格で取引されることもあるので、古さを理由に買取に出さないのはもったいないです。

特に1990年前の国公立や、難関私立大学の赤本は高額査定になりやすいので、家に眠っている赤本があれば査定に出してみると想像以上の値段が付くかもしれません。

赤本の買取におすすめの宅配買取店3選

学参プラザ

学参プラザは大学受験で使った参考書や問題集、赤本などを専門としており、10冊から送料無料で査定に送ることができます。

最新版の赤本・青本は400円以上の買取価格が保証されているほか、医学部なら800円以上で買取してもらうことが可能です。

初版から年数が経過している赤本や、ラインマーカーなどが引いてある使い込まれた赤本でも査定してくれるので、不要な物は積極的に買取に出してみましょう。

専門書アカデミー

専門書アカデミーは大学の教科書や専門書、資格試験のテキストなどを買取している宅配買取店ですが、赤本や青本なども買取に出すことが可能です。

初版から3ヶ月~1年以内の本は定価の15~30%以上で買取など、価格保証も充実しています。

買取価格がアップするお得なキャンペーンも開催されているのでお得に赤本を売却したい人は覗いてみましょう。

バリューブックス

小説や漫画、専門書、教材など幅広いジャンルの書籍を買取しているバリューブックス。

サービスの変更によって1箱500円の送料が査定額から引かれるようになりましたが、従来の査定額の1.5倍になったため高価買取は狙いやすいです。

また、赤本に限らず書き込みのある書籍も買取対象となっているので、値段が付くか怪しい状態の赤本や参考書も査定に出してみる価値はあります。

赤本を高く売るために知っておきたい3つのポイント

1.赤本の状態が綺麗

小説や漫画にも言えることですが、書籍は破れや汚れがなく状態が綺麗な物ほど高価買取されます。

また、書き込みがある物も買取してもらうことは可能ですが、書き込みが少ない方が評価は高いです。

教材は勉強で繰り返し使用するものなので、多少の書き込みや使用感は仕方ありませんが使い終えた物でも大切に保管するように心掛けましょう。

赤本に付箋を貼ったりメモをはさんでいる場合は、査定前には全てとっておきましょう。

また、ページの間に消しカスなどがはさまっていると評価が悪くなってしまう可能性があるので、査定前に確認することをおすすめします。

2.まとめ売りで査定額がアップ

不要になった赤本を1冊だけ売るよりも、いくつかの教材をまとめて査定に出した方が1冊ごとの買取価格が高くなります。

お店側も送料や手数料を負担する以上、一度に複数の教材を売ってくれた方が助かるので、まとめ売りをすると査定額をプラスしてくれるのです。

参考書やテキストなど受験で使った教材が残っているようなら、赤本と一緒に買取に出すことをおすすめします。

買取店によっては教材に限らず専門書ビジネス書なども買取対象になっているので、今後読み返す予定のない本ならこの機会に買取で現金化しましょう。

3.初版から日が浅い

古い赤本でもプレミアがついているものなら高額な値段を付けてもらえますが、基本的には新しい赤本ほど価値が高いです。

入試の傾向などは毎年変わっていくので、初版から年数が経ったものより今年度や前年度の赤本の方が重宝されています。

また、買取店によっては新しい赤本は価格が保証されていたり買取強化対象になっているため、通常よりも高値で買い取ってもらうことが可能です。

赤本をお得に売るなら早めの査定がカギ!

小説や漫画と違って赤本は書籍を扱っているお店ならどこでも買取しているわけではありません。

正当に評価してもらうためにも、教材の買取を得意とするお店を選んで売却することが大切です。

今は宅配買取を利用すれば空いた時間で赤本を買取に出せるので、思い立った時にWebから買取の依頼を済ませておきましょう。

また、赤本は買取に出すのが早ければ早い程高く売れるので、もう使う予定のないものなら先延ばしせずに早めに査定に出すことをおすすめします。