Amazonの古本買取の評判は?サービスや買取価格は良いの?

Amazonの古本買取の評判は?サービスや買取価格は良いの?

ネットでも話題になることの多いAmazonの古本買取サービスですが、実際に利用しやすいサービスなのでしょうか。

サービス内容や利用するメリット・デメリットをまとめた他、利用者からの口コミ・評判も紹介しているので、利用予定がある方は要チェックです。

また、混同されがちな「リコマース」と「マーケットプレイス」のサービスの違いについても解説しているため、併せて確認してみましょう。

そもそもAmazonの古本買取はどんなサービス?

Amazonの「マーケットプレイス」と「リコマース」の違いは?

Amazonでは不用品を買取に出せるサービスを提供していますが、正式にはAmazonではなく株式会社リコマースが運営する買取サービスです。

Amazonでも商品を出品して売却できる「マーケットプレイス」というサービスがありますが、古本を買取に出せる「リコマース」とは別のサービスなので、その点は注意しましょう。

マーケットプレイスではフリマアプリのように自分の決めた値段で古本を出品することができ、リコマースでは査定によって本の買取価格が決定されます。

一見前者の方がお得に古本を手放せるように思えますが、高値で出品するといつまでも売却できないケースが多いのが難点です。

「マーケットプレイス」はAmazonのサービスで、「リコマース」は、株式会社リコマースが提供している買取サービスなのね~。

マーケットプレイスは商品を売却する場を借りているだけですが、リコマースでは直接買取してもらえます。

同じ売却でもサービスの内容が異なるのでその点を確認しておきましょう。

Amazonの古本買取サービスの内容を紹介!

リコマースは、Amazonのアカウントがあれば利用できるため、買取サービスを利用するためにわざわざ個人情報などを入力し直す必要はありません。

また、商品1点からでも買取してもらえるため、売りたい古本の量が少ない人でも気軽に利用可能です。

売りたい本をダンボール箱に詰めて発送したら後日査定結果が送られてくるので、査定結果を承認して代金を受け取ります。

買取の流れは、一般的な宅配買取サービスと同様で、荷物も自宅まで集荷に来てもらえるため、家から出ずに古本を売却できるのが特徴でしょう。

Amazonの古本買取サービスを利用するメリット

古本以外の商品もまとめて売れる

リコマースでは、古本だけでなく、ゲーム機やCD・DVD、スマホ、PC、時計、楽器など様々な商品を買取に出すことが可能です。

他にも、カメラやホビー用品、ブランドアイテムなど扱っているジャンルの幅が広いので、不要な物をまとめて処分したい人には便利なサービスと言えるでしょう。

買取可能な商品のカテゴリーはリコマースのHPで確認できるため、どんな商品が扱われているのか気になる方はチェックしてみてください。

リコマースでは様々な商品を扱っていますが、同一商品の買取は不可となっています。

同じタイトルの古本を複数冊売ることはできないので注意しましょう。

HPで買取価格の検索が可能

リコマースの公式サイトでは、商品名やJANコードを入力することで買取価格を調べることが可能です。

実際に商品を査定に出す前におおおよその買取価格が分かるので、査定に出すか迷っている商品があれば検索機能を使ってみるのもアリでしょう。

ただし、検索結果として提示される金額は美品だった場合の査定額の目安で、買取価格を保証するものではありません。

提示された価格より安値で買い取られてしまうケースも珍しくないため、その点も踏まえて利用するのが懸命です。

HPに載っているような金額で必ず買取してもらえるとは限らないのねっ。

検索結果が提示される金額は、あくまで状態が良く付属品が揃っている場合の買取価格です。

状態やその時の商品の需要などによっても査定額は変化するので、あくまで参考程度に留めておきましょう。

送料や梱包材が無料で便利

リコマースの買取サービスは、商品を査定に出す際の送料を全額店舗が負担してくれるため、利用者はお金をかけずに古本を売却できます。

また、商品を発送する際に必要なダンボール箱も希望をすれば無料でもらえるので、自分でわざわざ用意する必要はありません。

さらに、査定額に不満があった場合はキャンセル料・返送料無料で商品を返却してもらえるため、買取に不慣れな人でも安心して利用できるでしょう。

リコマースでは、査定額に不満があれば無料でキャンセルできますが、商品ごとに買取・キャンセルを選択することはできません。

複数の商品を査定に出した場合、全て返送されることになるので、その点も踏まえてキャンセルを選びましょう。

Amazonの古本買取にはこんなデメリットも

査定に時間がかかる場合が

リコマースの買取サービスは、商品を査定に送ってから3日程で査定結果の連絡が来ることになっています。

しかし、繁忙期など利用者が多い時期だと、査定結果の連絡が1週間以上来ない場合もあるため、急ぎの方は要注意です。

古本の宅配買取サービスの中には、商品を送ってから3日程で現金化できる所もあるので、スムーズに古本を現金化したいなら他店の利用も検討した方が良いでしょう。

支払い方法はAmazonギフト券のみ

多くの古本宅配買取サービスでは、代金の支払い方法は銀行振込となっています。

しかし、リコマースでは、買取が成立した際はAmazonギフト券によって代金が支払われるため、現金で受け取ることはできません。

査定結果を承認次第、Amazonギフト券のコードが送られてくるため、わざわざ銀行までお金をおろしに行かなくて済むのは1つのメリットですが、Amazonを頻繁に使わない人には不便なのは事実です。

Amazonのギフト券以外に代金の支払い方法はないの~?

今の所、現金はもちろん、他の電子マネーなどで受け取る方法も用意されていません。

代金の支払いはAmazonギフト券のみとなっているので、Amazonを使う機会があまりない方は他のお店で古本を現金化した方が安心ですね。

口コミを見る限り査定額はかなり低め

リコマースを利用した人の口コミを調べると「新品なのに0円扱いされた」「ダンボール箱2箱分の本を送って数十円だった」など、他店と比べても査定額はだいぶ低いことが分かります。

「値段が付いても1冊1円」「美品なのに1円を付けられる」など、古本の場合数十円にもならないことがほとんどのようで、買取価格を重視する人の利用はオススメできないのが現状でしょう。

リコマースの口コミの中には「キャンセルした商品が酷い状態になって返って来た」「音信不通で連絡がつかない」など、査定額以外に関しても不満を持つ声が少なくありません。

現金化目的よりも、不要な物を処分するために利用するのが懸命でしょう。

Amazonの買取サービスの利用はオススメできる?

Amazonの古本買取の利用が向いている人とは?

リコマースは、Amazonのアカウントを持っていれば簡単に査定を依頼できるうえに、送料や梱包材をお店が負担してくれるので、お金をかけずに古本を処分したい人には利用しやすいサービスと言えます。

また、支払い方法がAmazonギフト券一択なので、Amazonを頻繁に利用する人の利用がオススメです。

ただし、買取価格にはほとんど期待が持てないため、査定額を重視するよりは値段が付かなくてもいいから古本を引き取って欲しいという方の利用が適しているでしょう。

リコマース以外にも便利な買取サービスはある!

Amazonの古本買取以外にも、無料で利用できる宅配買取サービスはたくさんあります。

送料や梱包材が店舗負担なのはもちろん、買取価格を保証していたり、お得なキャンペーンを開催している所もあるので、少しでも高値で手放したい方は他店の情報も確認してみてください。

また、買取代金を現金で受け取りたい方や、なるべく早く古本を現金化したい人もリコマースより他のお店を使った方が良いでしょう。

多少使用感のある本や、ブームが過ぎ去った本でも値段を付けて買取してくれる所はあるため、処分目的でも「少しでもいいからお金に換えたい!」という方は他店の利用も視野に入れてみてください。

知名度は高いが買取価格やサービスの質がイマイチ

Amazonの古本買取サービスとして知られているリコマースは、知名度も高く利用者が多いのは事実ですが、0円査定や1円査定とかなり低額での買取が多い他、Amazonギフト券でしか代金が受け取れないなど不便な点は少なくありません。

また、口コミを見ると、返送してもらった荷物の状態が酷かったり、連絡がつかないなど、利用するにあたって不安な点が多々あるため、安心して利用できるサービスとは言いにくいです。

買取金額を一切気にせず処分目的で利用するならアリですが、「どうせなら値段を付けて買取してほしい」と思うなら、完全無料で利用できる宅配買取店は他にもあるので、他店の情報もチェックしてからリコマースの利用を決めるのもアリでしょう。