着物の帯はいくらで売れる?買取価格の相場や高く売れる帯の特徴を紹介!

着物の帯はいくらで売れる?買取価格の相場や高く売れる帯の特徴を紹介!

「使わなくなった帯を処分したいけれど、どうすれば良いかわからない」「売りたいけれど安く買い叩かれるのはいやだ」など、帯の処分で悩んでいる方が多くいるのはご存知でしょうか。

そんな方々が買取前に参考にすることで失敗せずに高く売れる、帯のオススメの買取方法や、相場価格などを調査しました。

高値が付きやすい帯の種類や、高価買取のために査定前に気を付けておきたいポイントも紹介しているので、まずは帯の買取事情について確認してみましょう。

帯を高く売るには利用する買取方法が肝心

リサイクルショップや呉服店、さらにはネットを使った出品など、帯を売る方法は1つではありません。

帯は着物と同じく、取扱いや査定が難しい商品のため、間違った買取方法を利用すると本来持っている価値の半分にもならない値段で買取されてしまう場合があります。

まずはどのお店に依頼すれば安全かつオトクなのか、それぞれの買取法を比較しましたので、注意点などをチェックして自分に合った買取方法を選択してください。

リサイクルショップは絶対にNG!

商品に見合った価格を付けてもらいたいなら、近場のリサイクルショップに持ち込んで売るのは避けた方が良いでしょう。

そもそもリサイクルショップには、着物専門の査定士がいないため、名産地の着物や、有名作家の作品を持って行っても相場より低い値段を付けられ、損をしてしまいます。

帯の持つ価値が、査定額に反映されない恐れがあるので、査定額を重視するならリサイクルショップはオススメできません。

リサイクルショップでは着物と一緒ならともかく、帯だけで売りに行くと買取を拒否されるケースもあります。

そもそも査定を受けられない可能性があることも考えると、労力をかけて持って行っても無駄足になってしまうため、この面からもおすすめできない買取方法です。

ネットオークションやフリマアプリなら高く売れるの?

ネットオークションやフリマアプリは、自分の設定した価格で帯を出品できるため、リサイクルショップよりは高価買取が見込めます。

しかし、着物や帯は出品数が多いこともあって、時間と手間をかけて出品しても落札されないことが多いのが難点です。

なかなか入札がないため、相場価格より低い値段で取引されることがほとんどで、高値で売るのは厳しいのが現状です。

さらに、落札されたあとも、「写真の帯より状態が悪い」「思っていたのと違うから返品したい」など、落札者とのトラブルに発展するケースもあるため、利用には十分に注意が必要になるでしょう。

オークションやフリマなら簡単に高値で売れると思ったけど、トラブルも怖いし意外と難しいのね・・・。

他にも、売却までに手間がかかる、会員費や手数料がかかるなどのデメリットもありますの。

ヤフオク!やメルカリなどを利用した場合、落札価格の10%が販売手数料として引かれてしまうので、その点も注意ですのよ。

帯を売るならやっぱり着物の専門店がおすすめ!

売る帯に見合った価格を付けてもらえるのは、やはり着物を専門とする買取店です。

「そんなこと言っても、近場に呉服店なんてない」「本来着物を買う呉服屋で売るのは気が引ける」という方もいらっしゃるかと思いますが、現在は宅配買取を使えば全国どこからでも着物を査定に出すことが可能になっています。

そのため、近くにお店がない人や近所のお店に行きづらい人でも、着物をダンボール箱に梱包して送るだけで、簡単に着物を専門とする査定士の査定を受けられるのです。

送料や手数料が無料なので、余計なお金がかかる心配もないのに加えて、返送料も店舗負担のお店を使えば、買取キャンセル時も無料で商品を返品してもらえます。

査定額に納得がいかなければ、商品を返してもらうこともできるので、誰でも気軽に利用できるのが宅配買取の魅力と言えるでしょう。

着物を専門とする宅配買取店の中には、無料で出張買取を行っている所もあります。

「商品を送るのが不安」、「直接見えるところで査定をしてもらいたい」という方は、出張査定を利用して自宅で着物をみてもらうのもおすすめです。

高く売れる帯の特徴とは?

人気メーカーの帯

古い歴史を持ち、愛用している人が多いメーカーの帯も買取価格に期待が持てます。

中でも、創業1908年の河合美術織物や、創業1992年の山口美術織物は、古くからのファンもおり、知名度も高いため高値で取引される傾向にあります。

また、現在ではインテリアや室内装飾を手掛けている川島織物は、呉服や美術工芸織物の面でも有名なため、帯も高値で扱われています。

初めて和装を購入する人は、メーカーを重視して商品を選ぶことが多いため、中古でも十分に価値があると言えます。

紹介したメーカーの帯を売った場合、状態が良ければ20,000円~60,000円が買取価格の相場となっています。

「西陣織」など有名産地の帯

人気メーカーよりさらに買い手が付きやすくなるのが、織物名産地の帯です。

京都の西陣織や、奄美大島の大島紬、沖縄の芭蕉布など、他にも人気の高い帯はたくさんあります。

茨城の結城紬のように、重要無形文化財の帯なら更に査定額アップが期待でき、着物買取店でも買取に力を入れている所がほとんどです。

また、伝統工芸品の帯も同様に需要の高い商品なので、査定額は高くなりがちです。

結城紬だと50,000円~100,000円程、近年人気が上がっている芭蕉布だと、高い場合は200,000円程の査定額が付くこともあるので高価買取の狙い目商品と言えるでしょう。

有名産地の織物や、伝統工芸品には、その着物が本物であることや、価値を証明するための証紙が付いています。

証紙と一緒に買取に出すことで、査定額は上がりやすくなるため、手元にある方は必ず商品と一緒に査定に送るようにしましょう。

人間国宝や有名作家の帯

最も高値で取り扱われることが多いのは、有名作家や人間国宝によって作られた帯で、場合によっては、帯1つで240,000円近くの値がつくこともあります。

特に、栗山吉三郎、熊谷好博子、高久空木、浦野理一、北村武資、城間栄順などの帯は買取店でも重宝されているので、要チェックです。

高額査定対象となる、著名な作家や人間国宝の帯は他にもたくさんあるので、思い当たる商品を所持している方は一度査定に出してみると良いでしょう。

このような、価値の高い帯こそ、リサイクルショップなどではなく、着物専門のお店を使うのがおすすめです。

帯の買取価格の相場はいくら?

帯の種類によって相場価格は異なる

「帯」と一口に言っても、種類は様々で、使われている素材や作家によって買取価格は変化します。

主に買取店で扱われている、袋帯、名古屋帯、反幅帯の3種の買取価格の相場についてまとめました。

袋帯の相場

袋帯は、柄が入っているのは帯の片面だけとなっており、もう片方は無地です。

格式は、丸帯に次いで高く、留袖、訪問着、振袖などの礼装用に使用され、丸帯を簡略化させたようなつくりで軽いこともあり、多くの人に愛用されています。

最も相場価格の幅が広く、買取価格の相場は20,000円~2,800,000円と保管状態によって大きく査定額が変動する商品です。

名古屋帯の相場

名古屋帯は、体に巻き付ける部分が半分に折った状態で作られているため、袋帯よりも容易に締められるようになっています。

どちらかというと、お洒落着向けの帯なので、他の帯よりも安価で手に入る物も多く、相場価格は袋帯よりは低めです。

しかし、作家物だと高値が付くものもあり、4,000円~100,000円程で取引されることが多いです。

半幅帯の相場

半幅帯は、その名の通り他の種類の帯よりも、幅が細くつくられており、主にウールの着物や浴衣に合わせられる、カジュアル向けの帯です。

小紋、紬、浴衣に使われることが多く、買取価格の相場は最大で5,000円程度と言われています。

ウールやポリエステルでつくられている帯は、買取不可となってしまうことも多いので、その点は注意です。

着物の帯を高価買取してもらうポイント3つ

帯の買取を考えているなら、気を付けたいポイントがいくつかあります。

ちょっとした注意や日頃の帯の扱いで、買取価格が上がることもあるので、高価買取のために注意すべき点を把握しておきましょう。

綺麗な状態で保管する

どんな商品にも言えることですが、状態が綺麗なものほど査定額も高くなりやすいです。

そのため、着用時のシミや汚れに気を付けるのはもちろん、虫食いや日焼けによる変色にも普段から気を配るのが大切です。

また、着用後に汗をかいたり、汚れたと感じた場合、収納前にクリーニングに出すのも有効です。

今は売る気はなくても、ゆくゆくは買取で処分をしたいという方は、日頃から帯のメンテナンスを心掛けることで、いざ売る時に高値が付きやすくなるでしょう。

帯は自宅で手洗いしてしまっても良いのかしら?

帯は着物を扱うクリーニング店などで綺麗にしてもらうのが基本ですわ。

素材によってはクリーニングに向いていないものもありますから、購入店やクリーニング屋さんに相談をしてみましょう。

無理なシミ抜き・修繕はしない

帯にシミや汚れ、ほつれなどがある場合でも、そのままの状態で査定を受けるのが懸命です。

綺麗な状態の方が高値で売れるのは確かですが、無理に補修を試みると、風合いが損なわれたり状態が悪化して査定額が落ちる可能性があります。

そのため、自身で帯の汚れを落としたり、ほつれを直すのは賢い選択とは言えません。

しかし、専門店を使って補修するとなると、4,000円前後の費用がかかってしまいます。

余計な費用をかける前に、まずは無料査定で現在の帯の価格を把握しておくのが懸命です。

不要になったらすぐ査定へ

誰にでもできる一番の高価買取のコツは、これから着用する予定のない帯ならすぐに買取に出すことです。

着物・帯は時間と共に少なからず劣化していくので、保管期間が長くなるほど高く売るのも難しくなります。

さらに、通常着物は販売から10年以内の商品の需要が高いとされています。

古い帯でも高価買取が狙えるものはたくさんありますが、帯も販売されてから10年以上経過していない、状態が良い物の方が買い手は付きやすいです。

売るかどうか迷っている方は、査定だけ受けて、査定額を参考に売却を検討してみると良いでしょう。

帯も着物買取店を使ってお得に買取!

リサイクルショップとは異なり、着物専門の買取店なら、帯だけでも買取可能なお店はたくさんあります。

帯も着物同様に、状態や生産地、作家など様々な条件によって査定額が決まるため、ハッキリとした相場は断言できませんが、日頃から丁寧に扱っていたものなら高く売れる可能性は十分あります。

ネットが窓口の宅配買取店で、無料査定を受ければ手軽に帯の価格を知れるので、売却するか悩んでいる方も、まずは査定額を知ることから始めてみましょう。

また、商品をお店に送るのが不安という方は、出張査定を行っているお店を使って、査定士に自宅へ来てもらうのも有効です。

もちろん査定を受ける際に、こちらが利用料や交通費を払うことはないので、自宅で査定を受ける方が良いという方は、出張査定も上手に使うことをオススメします。