この着物いくら?着物買取の相場と損をしないで高く売るコツ

この着物いくら?着物買取の相場と損をしないで高く売るコツ

いらなくなった着物を売る際、「いくらで売れるのかな」「買い叩かれたら嫌だな」と誰しも思うものです。

しかし、着物買取を初めて利用する人は、そもそも「着物を売ると何円になるのが妥当なのか」が分からないため、判断のしようもありません。

そんな時は、事前に着物の買取相場を確認しておくことで、売るか否かを予め考えることができ、また、査定では買い叩かれていないかを確認することもできます。

今回は、着物の種類別の買取相場と査定で価格が変動するポイント、そして高く売るために気を付けたい点もまとめて紹介してみました。

着物買取を利用する前に!知っておきたい相場価格

【種類別】着物の買取場価格一覧表

着物の種類 買取相場価格
振袖 2,000~500,000円
留袖 2,000~200,000円
訪問着 2,000~500,000円
付下げ 2,000~200,000円
小紋 1,000~200,000円
色無地 1,000~50,000円
袋帯 500~300,000円
名古屋帯 500~300,000円
丸帯 1,000~100,000円
半幅帯 500~150,000円
長襦袢 500~5,000円
羽織、道行、道中着 100~100,000円
小物類 100~50,000円

上記の買取相場を見てみると、各種類ともかなり幅があることが分かります。

これは、着物のブランドや伝統工芸品、作家作品などによって大幅に価値が変動するためです。

普通の洋服に様々なブランドがあるように、着物も高級百貨店で購入したものや人間国宝・有名作家先生の作品、伝統工芸品として認定されている着物は、買取でも非常に高く評価されます。

そのため、着物の状態だけでなく様々な要因で買取相場が変わり、価格の幅ができているのです。

じゃあ、特別高い着物でない場合の相場価格は、いくらくらいになるの?

正絹の着物でノーブランド品の場合は、表にある高い価格の1/3程度が相場上限の目安となりますわ。

相場を参考に、購入時期や美品かどうかなど他の要素で、査定の価格が決まりますのよ。

【高級着物】買取場価格一覧表

伝統工芸、ブランド、作家など 買取相場価格
加賀友禅 10,000~90,000円
京友禅 5,000~55,000円
宮古上布 5,000~100,000円
紬(大島紬、米沢紬、牛首紬など) 10,000~500,000円
本場黄八丈 40,000~150,000円
千總 30,000~220,000円
龍村美術織物 10,000~70,000円
百貨店オリジナル(三越、高島屋など) ノーブランド品+5~20%
柿本市郎 15,000~100,000円
斉藤三才 10,000~45,000円
志村ふくみ 170,000~230,000円
丹下雄介 25,000~100,000円
紬屋吉平 20,000~150,000円
中村勇二郎 10,000~65,000円
羽田登喜男 30,000~200,000円
藤井寛 40,000~180,000円
松井青々 15,000~190,000円
由水十久 70,000~230,000円
吉野間道 35,000~165,000円

上記で紹介した着物は、日本の伝統工芸品として保護されているものや、有名呉服店・百貨店の着物、そして人間国宝や着物作家として著名な人の作品です。

先の種類別の表と比べると、買取相場の下限が高く、1枚だけでもかなり高く売れる事が分かります。

このような高級品として扱われる着物は、バブル期~それ以前に購入されていることが多いため、祖父母世代がタンスの肥やしにしている可能性は十分あります。

ここで紹介しているのはほんの一部で、高く売れる着物は他にもたくさんありますので、着物を買取を利用する際は不要なものがないかくまなく調べておくと、思わぬお宝に出会えるかもしれません。

高級な着物や反物は、その品質を保証するために「証紙」や「落款」がついており、また百貨店ブランドの着物には、百貨店の名前が書かれているタグが着物に縫われています。

この様な物があれば、ハイグレードな着物であることを証明することができるため、売りたい着物の中にあるか確認してみましょう。

どんなポイントが価格変動につながるの?

こんな着物は相場が上がりやすい!

着物の買取では、多くの物が一度以上袖を通したことのある中古品を査定することになりますが、仕付け糸がついたままの未使用品や、シミ・汚れがほぼない美品は高価買取が狙えます。

中古となった着物は、よほど状態の悪いものでなければ着用目的の着物として販売されるため、綺麗な方が需要が多いため、買取価格が高くなるのです。

また、一般的には正絹の素材が最も需要があるとされていますが、伝統工芸品では麻や綿の着物も製造されているため、証紙などがあれば正絹以外でも高く売れます。

最近、お手入れや保管が楽な「ウール」や「化学繊維」の着物が流行っているけれど、これは高く売れる物はないの?

ウールやポリエステルの着物は大量生産品が多く、定価も安いので、残念ながら高く売ることはできないんですの。

ただ、価格は安くなってしまいますが売る事自体はできるお店が増えていますから、もしいらない着物があれば査定に出してみてくださいね。

着物の相場価格が下がるNGポイント

着物の査定でまず最初に確認されるのが、証紙や落款の有無です。

どんなに定価が高かった高級着物でも、品質証明となる証紙や落款(着物の裏地に押印された印鑑)がなければ、査定額がぐっと下がってしまいますので注意しましょう。

また、何度も着用していてシミや汚れのついている着物や、保管状態が悪くシワの多いものは、査定で減点されてしまいます。

また、意外と見落としがちな虫食い穴は、着物の修理をするのに高い費用が掛かってしまうため、大きな減額となる可能性があります。

じゃあ、もし買取に出す前にシミや汚れが見つかったら、クリーニングをしてもらえば査定額が上がるのねっ!

確かに、着物が綺麗になれば査定の評価は上がるんですけど、着物はデリケートなのでクリーニング代が普通の洋服よりとっても高いんですのよ。

物によっては、査定額よりもクリーニング代の方が高くついてしまう可能性もあるので、損をしないためにはシミがあってもそのまま査定に出した方が安全ですわ。

また、あまり知られていませんが、着物の買取価格にはサイズも関係しています。

着物の小売店やレンタル業者、一般消費者への流通を考えると、標準身長・体型の人が着られる150~160cm用の着物のサイズが最も需要があるため、高く買取ってもらえます。

160cm以上の高身長用や大きめ体型の着物は、丈詰めなどのお直しで対応できるため価格が落ちることはありませんが、逆に150cm以下の小柄な人用の着物の場合は、着用できる人が限られてしまうため買い手がつきづらく、買取価格が下がる傾向にあります。

着物を少しでも高く売るには?

着物が劣化する前にすぐ買取ってもらう

着物は、肌に触れる回数が増えるほど皮脂や手垢、ホコリなどの汚れが蓄積してしまいます。

普段着のように気軽に洗える訳でもありませんから、あまり着ない着物は取れない汚れがついてしまう前に買取ってもらった方がお得です。

また、着ないからといってタンスやケースにしまいっぱなしにしておくと、湿気が溜まってカビやシミが起こる可能性があります。

正絹でできた着物は管理が難しく、年に数回は虫干しなどのお手入れをしないとすぐに生地が劣化してしまうため、不要になったらすぐ買取ってもらうのが高く売るための大切なコツです。

帯、和装小物、着付け用品もまとめて売る

着物買取店で売れるアイテムは着物本体だけでなく、帯や長襦袢、和装の時に使用する草履やバッグ、かんざし、扇子などの小物も含まれます。

もちろん着物は女性用だけでなく男性用も買取可能で、他にも袴や子供用、婚礼用、浴衣といった様々な物を売ることが可能です。

また、お店によっては帯揚げ、帯締め、伊達巻、衿芯といった着付けに必要な物も買取ってもらえます。

着物以外のアイテムを1点でも多く売れば、全体の査定額にプラスされるだけでなく、1点ずつでは値が付けられないものでもまとめて買取ってもらえるため、総額アップが見込めます。

お店によって取り扱いの範囲が異なりますので、各店の買取可能品目を確認しましょう。

出張買取で価格を交渉する

着物の買取をしてもらうには、お店に持ち込む「店舗買取」、宅急便で送る「宅配買取」、自宅へ来てもらう「出張買取」の3つの方法があります。

少しでも着物を高く売るには、出張買取で対面して査定をしてもらい、価格の交渉をするのがオススメです。

店舗買取も対面式のため価格交渉はできますが、お店の維持費がかかるため利益が少なく、交渉をしてもあまり応じてもらえません。

そのため、利益が出やすく、かつ対面して買取ってもらえる出張買取を利用した方が、交渉がスムーズに進みます。

出張買取なら、相手も時間をかけて自宅を訪問しているので、「少し高くても買取って帰ろう」と思ってもらえます。

高く売れるのは「綺麗な着物」と「高級品」!出張買取で交渉もOK

着物は発売日からの経過や状態だけでなく、ブランドや作家作品などさまざまな要素が複合的に査定に影響していますが、どの様な種類であっても高価買取が期待できるのは、状態の良い着物です。

ブランドのついていない着物であっても、綺麗な状態を維持していれば次の買い手が見つかりやすいため、買取価格が上がりやすくなります。

また、有名作家の作品や伝統工芸品といった高級な着物は、年数が経っていても良い評価をしてもらうことが可能です。

少しでも買取額を上げたいという場合は、出張買取を利用して、査定士に直接価格を交渉してみましょう。

相手も商売である以上、少しでも安く買取りたいという気持ちがありますが、上手に交渉をすれば買取総額が上がります。