着物買取はどれがおすすめ?サービス・口コミの比較で分かった人気の秘訣

着物買取はどれがおすすめ?サービス・口コミの比較で分かった人気の秘訣

着物を着る機会が少ない今、タンスの肥やしになっている家が多くあります。

高い買い物だったことを考えると粗末に扱えず、いらないと思ってもなかなか処分できないものですよね。

そんな時に着物買取サービスを利用すれば、賢くお金に換えながら収納の整理が叶います。

買取をまだ知らない人のために、まずはサービスやメリット、利用の手順など基本の知識をお伝えします。

着物買取ってどんなサービス?

不用品の処分方法として人気を集める買取は、着物の整理でもおすすめできるサービスです。

いらない着物を売れるだけでなく、その他にも嬉しい効果があります。

着なくなった着物が売れる

その名の通り、着物を買取ってくれるサービスなので、タンスに眠っている着物をまとめて売ることができます。

自宅に眠っているだけでは着用の機会がないと無駄になってしまいますが、売却すれば現金化できるため損になりません。

しかも、着物買取では振袖や訪問着などの着物だけでなく、長襦袢や帯、和装小物などもまとめて買取ってくれるお店が多く、いらないアイテムは全て整理することが可能です。

捨てづらい着物もエコに整理が可能

着物は購入時の価格が高いため、使わないと思っても捨ててしまうのは忍びないものです。

しかし買取なら、お店がお手入れした後に中古品として再度販売するため、次の人に活用してもらうことができます。

また、リユースの一環にもなるためCO2排出量やごみ処理費用の削減にもつながり、環境保全にも役立つ着物の処分方法です。

安全に売ることができるので安心

最近ではネットオークションやフリマアプリで着物を売る人も増えていますが、メディアでも取り沙汰されているように、個人間売買は様々なトラブルがつきものです。

買取は専門店に対して売るため規定がきちんと整備されており、古物営業法という法律に則っているため、より安全に利用することが出来ます

もちろん、出品登録や問い合わせ対応などもかからないので、個人売買より手間がないのもポイントです。

着なくなってしまったものでも、次の人に使ってもらえるなら嬉しいですね。

しかも「譲る」ではなく「売る」というのがお得です。

ただ、着物は他のジャンルよりも特性が強いので、不用になったら早めに売った方が良いんですの。

着物は早く売らないと損!?長期保管のデメリット

現在はウールや化学繊維などで作られた着物も流通していますが、ほとんどの着物は正絹(シルク)生地で作られています。

正絹は衣類の繊維を食べる虫が好む材質なので、知らぬ間に虫食いが起こってしまう恐れがあります。

また、正しく保管していないと収納ケースやタンスの中に湿気が溜まり、カビが生えてしまうことも少なくありません。

カイコが作った糸はタンパク質を主成分としているため、黄ばみや変色も起こりやすく、衣類の中では扱いが難しいのが着物の難点です。

買取では美品状態が価格を左右する

着物を買取ってもらう際、買取価格に影響する1つの要素が「着物の美品状態」です。

査定の時にどれだけ着物の状態が良いかによって、買取価格が変わってしまいます。

つまり、黒ずみ、黄ばみ、変色・退色、虫食いなどがあると、買取価格が下がってしまうのです。

せっかく売るなら少しでも高く売りたいものですから、いらない着物は状態が悪くなる前に買取ってもらいましょう。

「着物の保管は難しい」と口を揃えて言いますから、劣化する前に売るのが得策ですね。

昔買ってずっと保管したままだった古い着物でも、売ることはできますか?

着物は普通の洋服にくらべて流行の周期が長いので、昔の着物でもしっかり値段がつきますわ。

特に、綺麗な状態を保っている着物や証紙のついたものは、年代物でも高価買取が期待でるんですのよ。

着物の便利な売り方は?おすすめしたい人気の買取方法

着物を複数枚売るとなると、かさばってしまうため店舗へ持って行くのが大変です。

小物も合わせるとかなり量が増えてしまいますし、さらにお店では待ち時間も発生するので、利便性に優れているとは言えません。

手間なく賢く売るためには、店舗買取よりも宅配や出張のサービスを利用するのがおすすめです

詰めて送るだけ!宅配買取

売りたい着物を宅配便で買取店へ郵送し、査定してもらうのが宅配買取です。

申し込んだ後は詰めて送るだけなので手間がかからず、待ち時間もないので利便性に優れています。

宅配買取のほとんどは少数の拠点で全国からの依頼を受けていますが、買取方法の中では最も運営コストがかからないため利益が上がりやすく、買取価格が高くなる傾向にあります。

「便利に使えて、高く売れる買取方法を選びたい」という人に最もおすすめできる買取方法で、若い人だけでなく中高年層以上の人にも利用しやすい方法です。

自宅で査定OK!出張買取

出張買取は、買取店のスタッフが自宅を訪問し、その場で査定を行います。

家の中に出しておくだけなのでほぼ準備が必要なく、利用前の手間がかからないので、売りたい着物が多い時や運搬・荷造りが大変な人に使いやすい方法です。

予定を空けたり、査定を待つ時間は発生しますが、その日1日で査定から買取・キャンセルまで全て終わるので「1日で全部まとめて終わらせたい」という人にもおすすめです。

スタッフと対面して買取が行われるので安心感はありますが、一方で断りたい時にキャンセルしづらいというデメリットもあります。

出張買取(訪問購入)は、買取サービスの中で唯一「特定商取引法」に規定されており、着物などの一部アイテムがクーリングオフの対象になります。

万が一、査定当日に断れなくても、7日以内であれば契約を取り消すことが可能です。

私は時間のかからない宅配買取を使ってみたいですが、おばあさんには出張買取の方が良さそうですね。

どちらにもメリット・デメリットがあるけれど、確かに着物買取ではご年配の方は出張買取を使う方が多いですね。

年齢や生活スタイル、出張範囲に合わせて、無理なく利用できる方を選ぶのがポイントですわ。

(絵本の中のおばあさまは、お着物をお持ちなのかしら・・・?)

着物を高く売りたい時に気を付けたいポイント

上記の「長期保管のデメリット」でもお伝えしましたが、着物を売る時にはその状態が買取価格に影響するため、できるだけ綺麗な状態で査定してもらう方が高価買取につながります。

しかし、着物を高く買取ってもらうためのポイントは、それだけではありません。

着物の価値を判断できるお店を使う

着物を高く売るためのコツは、お店選びの段階から始まっています。

実は、着物をリユースできるお店はその方針によって査定方法が異なり、どのお店でも1枚ずつの価値を判断してくれるとは限りません。

リサイクルショップや地域密着型のお店でよくあるのが、1kgあたりで価格が決まる「重量制」や、着物の種類によって1枚あたりの価格が決まっている「枚数制」です。

この様な仕組みは、着物そのものの価値や美品状態を無視しているため、本来であれば高く売れるはずの着物であっても一律で買い叩かれてしまいます。

そのため、着物を高く売る時は着物の価値を正しく判断し、市場の需要に従って査定をしてくれるお店を選ぶことが大切です。

1点でも多く査定に出す

着物買取では、少しでも多く査定に出してくれた人の方が、高価買取につながりやすい傾向にあります。

お側は1つでも多く売ってくれた人の方が心象が良く、おまけをプラスしてくれる可能性があるからです。

また、1点だけでは値段のつけにくい着物や小物でも、他の着物とまとめて査定に出してもらえれば、総額の価格アップとして評価してくれることもあります。

そのため、売るかどうか悩んでいるアイテムがある時は、決断をしてまとめて査定に出した方がお得です。

複数のお店を利用するのではなく、1点集中でまとめて買取ってもらった方が総額は高くなりやすくなります。

たくさん売った方が総額が上がりやすいというのは分かりますが、そんなに何十枚も持っていない場合はどうすれば良いのですか?

実は、売れるアイテムは着物だけでなく、長襦袢や帯、帯揚げ・帯締め、バッグ・草履など、着付けや和装に必要な物なら何でもOKですわ。

肌に直接触れる肌襦袢や裾除け、足袋などは買取れないのですが、それ以外はまとめて売ることができますのよ。

着物買取利用者に聞いた!買取がおすすめできる理由

宅配買取で和装品を売りましたが、想像以上に何でも売れて、とても便利でした。

無料のダンボールももらえたので、詰めて送るだけなので初めてでも簡単です!

十分に良い価格をつけていただけたので、大満足です。

祖母の遺品整理をしていたら、昔買ったと思われる着物や小物が大量に出てきたので、まとめて買取っていただきました。

量が多かったので予約をして自宅まで出張していただきましたが、とても丁寧な方だったので安心しました。

シミや退色の目立つものはあまり高く買取れないそうですが、ご厚意で総額を少し上げてくださいました。

着なくなった着物を売ろうと近くのリサイクルショップに持ち込みましたが、1着数百円にしかならず、断念。

ネットで調べた宅配買取を使ったのですが、こちらの方が圧倒的に高く売れました。

宅配便で送るだけなのにこんなに価格差が出るとは思わず、持って行った苦労が笑えます。

今の時代あまり着物を着る機会もなく、着付けも大変なので、イベント事が一通り終わったタイミングで買取ってもらいました。

出張してくれた査定士さんが、1点ずつの評価を教えてくれたり、値段がつきにくい物の理由も教えてくれたのが良かったです。

予約も比較的スムーズに取れたので、とても便利なサービスだなと感じました。

着物の売り方・利用の流れを解説!

買取サービスはたった4つの手順で利用できるので、買取店を利用する前にはスムーズなやり取りのために、ざっと流れを押さえておきましょう。

宅配買取と出張買取では流れが少し異なりますので、気になるサービスの方を確認してください。

宅配買取の流れ

1.買取店を比較し、決定

宅配買取を行っている着物買取店の中から、サービスを比較し、利用するお店を決定します。

特に下記の項目はしっかりと確認し、使いやすいお店を選びましょう。

  • 送料・手数料の要否
  • ダンボール・梱包資材の無料提供
  • 査定・振り込みにかかる日数
  • キャンセル時返送料の要否

2.公式サイトから申し込み

利用したいお店が決まったら、公式サイトから申し込みを行いましょう。

申し込み方法はメール、電話、ウェブフォームの3種類が一般的ですが、トラブルを防ぐために、送信の記録が残るウェブフォームの利用がおすすめです。

名前、住所、連絡先などの個人情報を入力し、必要な人は無料ダンボールの配送も依頼します。

お店によっては申し込みの段階で集荷の日時や、ダンボールの個数を指定する場合もあります。

3.着物をダンボールに詰めて発送

ダンボールが手元に準備できたら、売りたい着物や小物類を梱包してください。

着物は、たとう紙に包んであればそのまま入れても構いませんが、雨などの水濡れによる汚損を防ぐために、一枚ビニールで包んでおくと安心です。

小物類は外箱も査定の対象となるため、輸送の衝撃による破損を防ぐために、外箱の上から緩衝材で巻いておくと安心です。

荷物を発送する時は、配送業者の無料集荷サービスを利用できるため、指定日時に業者が引き取りに来てくれます。

4.査定結果の確認

着物の査定が終わり次第、メールや電話など指定の方法で査定結果の連絡が入ります。

金額を確認し、納得できれば成約となり、指定口座へ買取額が振り込まれますので、金額を確認して終了です。

万が一納得できない場合は、キャンセルすれば送った着物が返送されます。

買取を断った場合、返送にかかる送料は払わなければならないのでしょうか?

着払いで返送されるお店もありますが、中には無料で返送してくれる買取店もありますわ。

利用するお店を決める時に、サービス内容を確認しておきましょう。

出張買取の流れ

1.買取店を比較し、決定

宅配買取同様、まず最初に行う事は利用する買取店の絞り込みです。

ただし、確認するポイントが少し異なるので、間違えないように注意しましょう。

  • 出張料・査定料など手数料の要否
  • 出張可能な地域の範囲
  • 成約時の支払い方法
  • クーリングオフ制度・キャンセル規定の明記

一部の買取店では女性利用者限定で、女性査定士の指定ができることがあります。

1人暮らしの女性や他人を家に上げるのが不安な人は、このサービスを利用できる買取店がおすすめです。

2.公式サイトから申し込み

出張買取の申し込みも、お店の公式サイトにあるウェブフォームから行いましょう。

申し込みをするとお店から折り返し電話やメールが入り、訪問する日時を調整します。

早い買取店は当日の出張も行えますが、スケジュールに合わせて来てほしいという時は、希望日時を伝えましょう。

あとは、査定当日に売りたいアイテムが揃っているよう、確認しながら準備するだけです。

3.スタッフが自宅を訪問

予約した日時に買取店のスタッフが自宅を訪問し、家の中で査定が行われます。

着物の査定は生地を広げて確認する必要があるため、できればリビングや応接間を用意しましょう。

セキュリティが心配な人は、玄関先でも対応できる買取店もありますので、申し込みの時点で確認しておくと安心です。

売りたい着物の量にもよりますが、査定の所要時間は正味30分~1時間ほどが一般的です。

ただし、訪問スタッフが自身で査定するのではなく、撮影した写真を営業所にいる専門スタッフが査定する場合は、もう少し時間がかかることもあります。

4.査定結果の確認

全てのアイテムの査定が終わったら、1点ごとの査定額と買取総額が伝えられます。

金額に納得できれば契約成立となり、その場で現金が支払われます。

着物の出張買取はクーリングオフ制度が適用されるため、万が一断り切れずに契約してしまった場合でも、8日以内なら後からキャンセルが可能です。

必ず「売買契約書」など契約した事を証明できる書面を、交付してもらうのを忘れないようにしましょう。

査定額に納得できない場合は、もちろんその場でキャンセルすることもできます。

もし、出張買取でお断りした時に、長居されてしまったらどうしよう・・・と心配です。

特定商取引法の訪問購入(出張買取)では、「相手が契約の意思がないと示した時は、そのまま勧誘を続けたり、後日改めて勧誘することはできない」と、きちんと規定されていますの。

相手方へきちんと伝わるように、毅然とした態度でハッキリとお断りすれば、トラブルになることはありませんわ。

着物は綺麗なうちに買取へ!選べる2種類のサービスで便利

もう着なくなった着物は、そのまま保管していると次第に劣化して状態が悪くなり、着られなくなってしまいます。

そうなる前に着物買取を利用すれば、不用な着物を現金化することが可能です。

宅配便で着物を送る「宅配買取」と、スタッフが自宅に来る「出張買取」の2つの便利なサービスで、時間がない人やご年配者、売る量が多い人でも気軽に利用できます

しかも、着物だけでなく和装に必要なアイテムはほぼ全て売ることが出来るので、不用品の一掃が簡単に行えるのもポイントです。

自宅の掃除や遺品整理など、様々な機会に利用できるオトクで便利なサービスです。