文庫本は高価買取してもらえる?ブックオフより高く売れるお店はどこ?

文庫本は高価買取してもらえる?ブックオフより高く売れるお店はどこ?

文庫本をブックオフなどの古本屋に売ったことがある人の中には「文庫本は中古だとほとんど値段が付かない」といったイメージを持っている人もいるかと思います。

たしかに古本屋に持ち込んでもあまり良い値段は付きませんが、文庫本を手放すタイミングや利用する買取店によっては、もっと高値で売れる可能性もあるのです。

今回は、文庫本を買取に出すうえで知っておきたいポイントやオススメの買取店をまとめたので、売却を検討中の方は一読してみてください。

文庫本も中古で高く売ることは可能?

そもそも文庫本は単行本とは違うの?

単行本は、文芸誌で発表された作品をまとめた本のことを指し、ハードカバーで発売されます。

価格は少し高めになりますが、カバーが厚紙でできていて丈夫なので、保管しやすいのが特徴です。

文庫本は、単行本が出版されてからしばらく経った後に発売される本で、大きさは単行本より一回り小さいです。

単行本よりも、安値で販売されるので、中には読みたい本が文庫本になるまで待っている方もいます。

文庫本も単行本も、同じ物だと思っていたわ~。

両者にはちゃんと明確な違いがあるのねっ。

大まかに言えば、「本のサイズ」と「カバーの紙の質」の2つが違いますね。

一般的にはハードカバーの本の方が、価値が高いとされています。

古本を扱っているお店なら基本的に文庫も買取OK

文庫本は、ハードカバーの本に比べると劣化しやすいのに加えて、定価も安いため、ハードカバーよりは需要が低い傾向があるのは事実です。

しかし、文庫本だからといって買取不可になることはほとんどなく、古本を買取しているお店なら査定対象となっていることが多いので、不要なものなら積極的に買取に出してみると良いでしょう。

ビーズログ文庫やコバルト文庫、電撃文庫、ガガガ文庫などのライトノベルも文庫本にあたりますが、このようなライトノベルを積極的に買取しているお店は意外と多いので、売りたい文庫本のタイトルによっては高額査定が狙える場合もあります。

文庫本はどうやって売るのが一番お得?

ブックオフなどの古本屋で売ると1冊数円!?

古本の買取といったら、ブックオフを思い浮かべる人は多いでしょう。

もちろんブックオフも文庫本の買取をしていますが、高額査定を受けることはかなり難しいです。

ブックオフの店舗には、100円コーナーが設けられており、コミックや小説に加えて、大量の文庫本が並べられていますが、100円コーナーに並べられている文庫本の多くは、無料で引き取られた物や数円で買取された本です。

販売価格から見ても、文庫本にはほとんど値段を付けてもらえないことが分かります。

ブックオフのように実店舗を構えている古本屋は、運営費や人件費もかかるため、文庫本のように利益をあげにくい商品は、そこまで積極的に買取してくれません。

経費を節約するためにも、なるべく安値で買い叩こうとしてくるので、余程人気の作品や美品でない限り、数円で買い取られてしまうことが通常なのです。

ブックオフでは、マニュアルによって買取基準が決められており、本の状態ごとにランクが付けられています。

文庫の場合、最も評価の高いランクでも70円でしか買取してもらえないため、美品や人気作品を売る場合は損をしてしまう可能性が高いです。

無店舗経営の買取店の方が高く売れやすい!

文庫本のように元値が安い商品は、利益に繋がりにくいため、実店舗を構えて経営している古本屋では、高値を付けて買い取ってくれることはほとんどありません。

もし文庫本をできるだけ高値で売りたいなら、無店舗経営をしているネットの買取店を利用するのが良いでしょう。

無店舗経営のお店なら、運営費や人件費が節約できるので、コストカットのために無駄に本を買い叩いてくることもありません。

また、買い取った本はネットを通じて全国に再販できるため、需要の低い本でも買取拒否せずに値段を付けてくれる可能性が高いのです。

送料から査定料まで、完全無料で利用できるネットの買取店も多いので、高額査定を狙う方は利用を検討してみましょう。

文庫本の買取価格の相場を公開!

文庫本の相場価格は安めなことが多い

文庫本を買取に出した場合、定価の0.2~20%程の査定額になるケースが多いです。

元々の値段が文庫本は安めに設定されていることもあって、中古で高値を付けてもらうのはなかなか難しいでしょう。

また、本のタイトルはもちろん、保存状態によっても文庫本の買取価格は変化し、人気作品かつ綺麗な状態で保管されていたものなら、100円以上の値段が付く場合もありますが、状態の悪い文庫本だと数円にしかならないケースもあります。

文庫本はハードカバーの本よりも、劣化が進みやすいため、日頃から保管場所などに気を配って丁寧に扱うようにしましょう。

汚れやページの折れ、破れのある文庫本は、大幅に減額されてしまう恐れがあります。

また、日焼で黄ばんでいるものや、タバコ・香水などの匂いが付いたものだと、「無料での引き取り」もしくは「買取拒否」になることもあるので、注意してください。

こんな文庫本なら高価買取されることも!

買取価格は平均的に低い文庫本ですが、人気作家の最新刊など、需要が高い商品なら定価の3割近くで買取してもらえる場合もあります。

また、アニメや映画、ドラマなど、メディア化した作品の原作小説を売る場合は、1冊で350円程の値段が付くケースもあるため、高価買取が期待できるでしょう。

メディア化によって原作の需要が高まることはよくあるので、自分の売りたい文庫本にメディア化の予定がある場合は、まさにその時が売り時です。

需要が高まっているうちに査定に出すのが高価買取のポイントなので、早めに査定を受けることをオススメします。

買取に出すタイミングによって、文庫本の買取価格は大きく変わるのねっ!

メディア化の予定がない文庫本は、どのタイミングで売れば良いのかしら~?

基本的に、発売から日が経つにつれて本の価値は下がっていくので、できるだけ早めに査定を受けた方が良いですね。

もう読み返す予定のない文庫本なら、素早く買取に出した方が高く売れるでしょう。

文庫本を売るのにオススメの買取店3選!

文庫本を売るのに利用しやすいネットの宅配買取店をピックアップしました。

店舗ごとに、サービス内容や特典が異なるため、一通り目を通して自分の利用しやすいお店を選びましょう。

ネットオフ

様々な商品を買取しているネットオフでは、文庫本の買取も強化されており、一般的な小説の文庫本はもちろん、ライトノベルやBL小説も高価買取対象となっています。

文庫本のレーベルによっては、発売から1ヶ月以内なら100円以上で買取など、価格保証も行われているので要チェックです。

「現金で買取金額30%アップ」などのお得なキャンペーンを開催しているのに加えて、初めてネットオフの宅配買取を利用する方は、査定額2,000円アップの特典もあるので、お得に文庫本を売ることができるでしょう。

ブックサプライ

ブックサプライでは、スタッフが日々市場の動向を調査し、本の価値を把握しているため、人気のある本ならしっかりと高値を付けてもらえます。

また、購入から1ヶ月以内の本なら、レシートと一緒に査定に送ることで、定価の半額で買取してもらえるので、新作の文庫本を売る予定の方にはピッタリです。

本の梱包に使うダンボール箱は、新品のものを10箱まで無料で提供してくれるので、売りたい本の量が多い方にも使いやすいでしょう。

バリューブックス

バリューブックスは、本の買取に特化した宅配買取サービスで、文庫はもちろん、単行本からコミック、専門書、絵本、新書など様々なジャンルの本が買取対象となっています。

「おためし査定」によって、実際に査定に出す前に本の買取価格を検索することもできるので、気になる方はチェックしてみましょう。

サービスの改訂により、商品の全体の買取価格が上がったかわりに、1箱につき500円の送料がかかるようになったので、その点だけ注意が必要です。

文庫本を売るなら買取店選びは慎重に!

実店舗を構える古本屋と、無店舗経営のネットの宅配買取店では、同じ文庫本を売るにしても査定額が大きく変化します。

なるべく高値で売りたい方は、ネットの買取店を使って早めに売却するのが良いでしょう。

発売されてから数ヶ月以内の文庫なら、買取保証がされている場合もあるため、もう読み返す予定のない本ならすぐにでも査定の出すのが有効です。

また、送料や査定料を店舗が負担してくれるお店も多いため、現金化したい方はもちろん、単純に処分目的の方にも使いやすいサービスとなっています。

お店によっては、返送料まで負担してくれる所もあるので、買取に不慣れな方でも安心して使えるでしょう。

文庫本に限らず、本は発売から時間が経つほど価値が低くなるので、需要がなくなってしまう前に、一度は査定を受けることをオススメします。