ウールの着物でも買取に出せる?相場価格や注意ポイントまとめ!

ウールの着物でも買取に出せる?相場価格や注意ポイントまとめ!

着物と一言でいっても、使われている生地の種類は様々で、絹や木綿、麻、綿麻、ウール、ポリエステルなどがあります。

その中でも、安価で購入でき、一年通して着用できるウールの着物は人気が高いです。

今回は、ウールの着物が不要になった場合、買取に出して現金化することはできるのか、査定額の相場はいくらくらいになるのかなど、ウールの着物の買取事情について調査しました。

ウールの着物でも値段を付けて買取してもらえる?

ウールの着物は、昭和40年ごろに普段着として着用されていたカジュアルな着物のことを指します。

羊毛で織られているため、「絹や麻の着物よりもシワになりにくい」「真冬の和装でも温かい」などのメリットがあります。

絹の着物と比べて安価で購入でき、着物の中でも入手しやすいのに加えて、現在では様々な柄やデザインがあるのでウールの着物を好んで買う方も少なくありません。

さらには耐水性が高いため、自宅でも洗濯することができ、素人でも保管しやすいのも魅力でしょう。

手に入れやすいうえに、扱いやすいこともあって、多くの人に親しまれているウールの着物ですが、残念ながら、着物の中古市場ではあまり取り扱われていないのが現状です。

中古のウールの着物の需要が低い理由は?

ウールの着物を買取に出しても、売れないことが多いのにはいくつかの理由があります。

まず、ウールは繊維が柔らかいため、虫に食われやすく、着物の生地の中でも劣化が早いため、値段が付きにくい傾向があります。

さらに、虫に食われやすい着物と他の着物を一緒に保管しておくと、絹や麻の着物にまで虫がつく可能性があるため、わざわざウールの着物を買取してくれるお店は少ないのです。

また、ウールの着物は新品でも、安い物なら数千円で購入することができるので「どうせ安いなら新品を買おう」と考える人が多く、わざわざお金を払って中古のウール着物を買う人がほとんどいないのも、買取市場でウール着物の人気が低い理由の1つとされています。

中古のウールの着物は全く需要がないってことー?

せっかく大事に持っていても、売れないなら捨てるしかないのかなー…

需要がないわけではありませんが、安値でしか売ることのできないウールの着物を積極的に買取している業者は少ないのが現状ですわ。

ただ、全てのお店が取り扱い不可という訳ではないので、もしウールの着物を売りたいなら諦めず、ウール着物も買取可能な業者を探せば良いんですのよ。

ウールの着物の種類や買取価格の相場は?

意外に種類の多いウールの着物

ウールの着物の中にもいくつかの種類があり、代表的なものをあげるだけでも4種類あります。

種類問わずにウールはあまり買取価格に期待が持てないのが残念な点ですが、状態が良い物や、利用する店舗によっては値段が付く場合があるので試しに査定に出してみるのも良いでしょう。

西陣ウール

国内最高峰との呼び声も高い西陣ウールは、定価では35,000~40,000円程で扱われています。

その名の通り、西陣織の技術を使って織られているのが特徴で、軽い着心地ながらも保温性があるのがポイントです。

ウールの中でも価格は比較的に高価で、状態が良ければ中古でも値段が付く可能性は高いでしょう。

シルクウール

ウールにシルクが混ぜ込まれた混紡織物で、1950年代から織られています。

シルクが混ざったことにより、絹の美しい光沢が加わり、普通のウールの着物よりは高級感があるのが特徴です。

生地が厚く、丈夫なため、シルクウールの着物を普段着として着用している人もいます。

ポーラ

通称サマーウールと言われるポーラは、その名の通り夏の着物に使用されることが多く、通気性がよくサラッとした手触りが夏にピッタリです。

シワになりにくい他、アイロンをかけても大丈夫なので素人でも管理しやすい着物の生地と言えます。

モスリン

木綿や羊毛といった梳毛糸を平織りにした織物で、他の生地に比べて薄地で手触りが良いです。

発色が良いため、色々なデザインや柄を楽しむことができるのもモスリンの魅力と言えます。

また、自宅で洗濯できるため、ウールの中でも扱いやすい種類です。

ウールの着物の買取相場価格はいくらくらい?

ウールの着物には様々な種類があり、どの生地にも魅力がありますが、全体的に査定額は低めです。

いずれの生地も、虫に食われやすいため、綺麗な状態で保管し続けるのは難しいでしょう。

そのため、値段を付けてもらえない物も多いですが、中には数百円~5,000円程で買取される物もあります。

ウールの着物1枚だけでは値段が付かないケースが多いですが、数枚売れば1,000円程の買取価格になる場合もあるので、不要なものならまとめて買取店に売るのも有効です。

ウールの着物を買取に出す前に知りたいポイント

値段が付きやすいウール着物の特徴

ウールの着物でも、ほとんど着用していない物や、未使用品なら比較的高く買取してもらえるケースが多いです。

逆に、古いもので劣化が進んでいたり、目立ったシミや汚れが付いている着物だと、十中八九値段が付かないので、買取店を利用するなら処分目的に使った方が良いでしょう。

他にも、サマーウールや西陣ウールは中古でも多少の需要があるため、値段を付けてもらえる可能性が高いです。

着物に使われている生地や着用回数だけでなく、着物のサイズも査定額に大きく影響します。

サイズの大きい着物の方が再仕立てもしやすいため、160cm以上の着物なら買取してもらえる確率は上がるでしょう。

早めに査定に出すのが高額査定のコツ

どんな生地でできている着物でも、綺麗な状態で査定に出した方が買取価格が上がりやすいのは確かです。

特に、ウールの着物は虫に食われやすいため、劣化する前に査定に出すのが重要になります。

また、虫食いだけでなく、色落ちやカビ、縮みなどにも注意して保管するように心掛けましょう。

着物はほとんど着ていなくても、箪笥に保管しておくだけで経年と共に劣化するため、もう着る予定がないものならすぐに売却するのがオススメです。

防虫剤や乾燥材を使えば、長い間保管しておいても大丈夫なんじゃないのー?

防虫剤や乾燥材と一緒に長期間保管しておくと、ニオイが付いて査定額が下がってしまう可能性が高いんですのよ。

特にウールは表面積が大きく、他の素材に比べてニオイがつきやすいので、不要なことが分かっている着物なら、保管しておかずに早めに売るのが懸命ですわ。

高価買取を狙うなら着物専門の買取店へ

ウールの着物をなるべく高く売りたいなら、地元の総合リサイクルショップなどを利用するのではなく、着物の専門店を使うようにしましょう。

「近場に呉服店が無い」という方もいるかと思いますが、着物の宅配買取を利用すれば全国どこからでも着物を査定に出すことが可能です。

ダンボール箱に売りたい着物を詰めて送るだけなので、住んでいる地域に関係なく着物のプロの査定が受けられます。

送料や梱包材が無料で利用できる店舗もあるので、余計なお金をかけたくない方や、手元に梱包に使うダンボール箱がない方でも安心して利用できるでしょう。

ネットを窓口とする宅配買取店は、買い取った着物をネットを通じて全国に再販することができます。

リサイクルショップや呉服店より再販経路が豊富なので、ウールの着物のように値段が付きにくい商品でも買い取ってくれる可能性が高いです。

ウールの着物も買取対象になっているお店は?

ウールの着物は買取NGとしているお店が多いですが、中には査定対象として扱っているお店もあります。

ウールの着物でも無料で査定が受けられる着物の買取店をピックアップしたので、チェックしてみましょう。

福ちゃん

福ちゃんは、ブランド品や切手、宝石などの高級品を扱っている買取店で、着物の買取にも力を入れています。

宅配買取だけでなく、全国で無料の出張査定も実施しており、出張費やキャンセル料は一切かからないので、「とりあえず値段だけ知りたい」という方にも適しているでしょう。

ウールの着物も買取対象に含まれているので、状態が良い物なら査定額にも期待が持てます。

ヤマトク

状態によっては買取不可になってしまう可能性はあるものの、ヤマトクではウールや化繊の着物も買取対象になっています。

不要な着物の無料引取もやっているので、「値段が付かなくてもとりあえず処分したい」という方の利用もオススメです。

キャンセル時の返送料は利用者負担になってしまうので、その点だけ注意して利用してください。

久屋

ヤマトク同様に、ウールの着物の買取に力を入れているわけではありませんが、査定に出すことは可能となっています。

ただし、注意したいのが振袖や訪問着以外を売る場合は商品が5点以上ないと送料無料にはならないという点です。

和装小物や風呂敷、着物用ハンガーなども商品として扱われるので、ヤマトクを利用する場合はウール着物を含めて5点以上の商品を用意するようにしましょう。

ウールの着物を売るなら処分目的での利用がおすすめ

ウールの着物も、状態や素材、利用するお店によっては値段が付くこともあります。

しかし、買取不可となってしまったり、値段が付いても数百円で買取されるケースがほとんどなので期待のしすぎは禁物です。

元値も安価なので、絹の着物のように高価買取を狙うのは難しいですが、お店によっては無料で引き取って処分をしてくれる所もあります。

メインの目的が現金化ではなく、不要な着物を整理することなら、買取店を利用して積極的にウールの着物を査定に出すのは有効です。

ただし、そもそもウールの着物の査定が不可となっている店舗もあるため、必ずHPなどでウールの着物も査定対象になっているか確認してから商品を送るようにしてください。