もったいない本舗の買取サービス・口コミ紹介|査定が遅い、相場が安いと酷い評判が多め?

もったいない本舗の買取サービス・口コミ紹介|査定が遅い、相場が安いと酷い評判が多め?

主に古本を取り扱う買取店店として知られている「もったいない本舗」。

桃太郎のキャラクターが印象的で、利用したことがなくても、存在を知っているという人は少なくないでしょう。

業界トップクラスである100万点の在庫数を誇っている他、Amazonでは年間300万冊以上を販売するなど、販売面では高い業績をあげていますが、買取サービスの評判はどうなのでしょうか。

利用者のリアルな口コミから、気になる買取価格の相場や、サービスの充実度を解明していきます。

もったいない本舗はこんなお店

もったいない本舗は、まだ主流でなかった2004年から宅配買取を導入し、梱包材の無料提供を行うなど、現在の宅配買取サービスの先駆けにもなった買取店です。

全国から買取した商品を、自社サイトはもちろん、その他の大手ECサイトによってリユースしています。

メディアでは「独自のサービスとシステムを構築し、急成長する地元企業」と取り上げられたこともあるのに加え、販売面でも「アマゾンアワード受賞2014」「楽天ショップオブザイヤー2017受賞」を受賞するなど、周囲からの評価を得ている店舗です。

運営会社 古本買取通販ドットコム株式会社
設立 2008年9月
古物商許可証 山梨県公安委員会第471142000205号
サイトの安全性 SSL暗号化通信(Let’s Encrypt)

もったいない本舗の強みは3つ!

買取できる商品が非常に豊富

もったいない本舗は、古本、CD、DVD、ゲームが買取対象商品となっており、特に買取可能な書籍の幅が広いのが特徴です。

お店によっては買取対象外となる、辞書や地図に加えて、教科書や参考書も買取できるので、教材を処分したい方にも便利なサービスと言えます。

他にも、2009年以降に発行され、厚みが2㎝以内の商品なら、メンズ・レディース向け問わずに雑誌の買取も可能です。

付録付き雑誌も、付録と雑誌をあわせて2㎝以内の厚みなら買取に出せるので、処分に困っている雑誌は積極的に査定に出しましょう。

もったいない本舗のHPには「買取雑誌一例」や「雑誌カテゴリー例」が掲載されています。

自分の売りたい雑誌が買取対象か不安な方は、一度目を通しておくことで、安心してサービスを利用できるでしょう。

無料引取もしているので処分に便利

買取店によっては、値段が付けられない商品や、需要の低いアイテムは買取拒否され、着払いで返品をされてしまうことがあります。

しかし、もったいない本舗は、値段の付かない商品はリサイクル資源として引取ることになっているので、受取を断られたり、利用者負担で返品されることはありません。

売り物にならないものでも有効活用してくれるので、買取対象商品に含まれているものなら、「お金にならなくても良いから手放したい」「処分代を浮かせたいから引き取って欲しい」というものを送るのも有効です。

他店で買取を断られたものや、処分したいものがある場合は積極的に査定に出してみることをおすすめします。

もったいない本舗のココが弱み

送料無料の条件が少し高め

もったいない本舗は、商品のジャンルごとに送料無料の条件が決められており、古本なら30点以上、CDは20点以上、DVD・ゲームは5点以上査定に出す必要があります。

書籍のみを買取に出す場合はハードルが高いと感じる人も少なくないでしょう。

もったいない本舗では、利用者負担で商品を送ることはできないので、まずは自分が条件を満たすだけの売りたい商品数があるかを確認するようにしてください。

また、査定に出した商品のジャンル問わずに、買取キャンセル時の返送料は自己負担なので、「査定額が安かったらキャンセルしたい」という方は気を付けましょう。

古本やCD、DVDなど、ジャンルがバラバラなアイテムをまとめて売る場合は、何点から買取してもらえますの?

20点前後から買取可能とHPには記載があります。

送料無料の条件を満たせているか心配な場合は、一度店舗に問い合わせをしてみましょう。

買取価格の相場は低い

買取サービスを利用するうえで気になるのが商品の査定額の相場ですが、残念ながらもったいない本舗は高価買取を狙いやすいお店とは言えないのが現状です。

ネットに寄せられた口コミを見ても、「450冊売って1,000円」「相場価格2,000円のコミックセットが100円で買取」など、査定額には期待できないことが分かります。

もちろん商品の状態やタイトルによって査定額は変動するため、どんな商品でも安値になってしまうとは限りませんが、査定は厳しめと考えて良いでしょう。

買取価格の保証や、価格アップに繋がるキャンペーンも開催されていないので、特典を利用して高額査定を狙うことができないのも難点です。

入金まで時間がかかることが多い

商品を送ってから、査定結果の連絡は3営業日程で来ることになっていますが、入金までの明確な所要日数が決められていません。

「迅速な対応だった」「入金までスムーズに済んで良かった」という口コミがある一方で、「振込まで2週間も待った」「自動承認にしたのに5日も音沙汰がなかった」など、なかなか買取代金を受け取れない人たちの声も目立っています。

お店の混雑時には、査定や入金が遅れる旨がHP内にも明記されていますが、商品を送ってから3週間以上待たされている人もいるため、迅速に買取を完了させたい方にはおすすめできない店舗です。

査定や入金を待たされたくないという方は、年末・年始や、2・3月といった買取サービスの利用者が増える時期を避けて利用するようにしましょう。

もったいない本舗の詳しいサービス内容

もったいない本舗のメリット・デメリットをチェックしたら、さらに詳しい買取サービスの内容について触れていきます。

送料や手数料の有無から、査定結果に対する返事の猶予期間、査定・入金の所要日数など、知っておくとサービス利用時に役立つ情報を一覧にしました。

買取可能な商品

買取ジャンル 特に得意なアイテム
自己啓発、専門書、単行本、新書・文庫など
コミック 長編コミック、漫画全巻セットなど
古書 文学書、歴史書、専門書、哲学書、芸術・美術書など
雑誌 ファッション雑誌、ビジネス、趣味、情報、ライフカルチャーなど
専門書 人文・思想、医学・薬学、社会、アート・建築など
CD J-POP、ポップス、パンク、クラシック、アニメ、サウンドトラックなど
DVD コンサート・ライブ映像、MovieNEX、DVD・Blu-rayセットなど
ゲーム DS・3DS、PS3・PS4、Wii・Wii U、PSP・PS Vitaなど

もったいない本舗では、古本の他にもCDやDVD、ゲームなどを扱っていますが、特に書籍の買取に強く、コミック、小説、専門書、参考書など様々なジャンルの商品を扱っているのに加えて、他店では買取の難しい雑誌も買取可能となっています。

雑誌は2009年以降に発売されたものなら、ティーンズ誌からシニア誌まで幅広い年代のものを買取しているので、雑誌の処分に困っている人にも利用しやすいでしょう。

また、一般の本屋やAmazonなどで販売されている商品は全て買取対象商品となっているので、ISBNのない同人誌などを除けば、ほとんどの書籍は売ることができます。

買取できない商品はどんなもの?

様々な書籍を扱っているもったいない本舗ですが、百貨辞典や、コンビニコミック、アダルト雑誌、個人出版の本やISBNのない同人誌など、買取できない商品もあります。

他にも、漫画喫茶落ちのコミックや、レンタル落ち商品、歌詞カード、ジャケットがないCDなども買取NGです。

シミや日焼けが酷いものや、書き込みや印鑑があるものも査定対象外となるので、お店に送らないように気を付けましょう。

また、厚みが2㎝を超える雑誌も買取不可となっているので、雑誌を売りたい方は査定前に厚みを確認してみてください。

早わかりサービス一覧

確認項目 サービス内容
販売形態 宅配買取のみ
梱包資材の提供 無料
点数制限 古本は30点以上、CDは20点以上、DVD・ゲームは5点以上から
査定所要日数 商品到着後、最短3営業日以内
結果の確認方法 メール
結果の提示方法 商品のジャンルごとに、総額のみ提示
返事の猶予期間 30日以内
入金所要日数 店舗の混雑具合によって変動
送料 往復送料無料(本のみの場合、返送料は利用者負担)
手数料 無料

その他気になるサービス

確認項目 サービス内容
会員登録 なし
当日集荷 15時までの申し込みで対応可
身分証の提出 利用の都度、必要
一部のみ買取 不可
同一タイトル 不可
未成年対応 18歳未満は保護者名義
自動承認 あり
特徴的な取り組み なし

もったいない本舗のユーザーからの口コミ

実家に置きっぱなしになっていた長編漫画をまとめて査定に出しました。

100冊程売って3,000円だったので、1冊30円くらいで売れたということでしょうか。

買取価格が安いのか高いのかは分かりませんが、もう読み返すこともない漫画だったので、片付いたついでに小遣い程度にはなったので満足しています。

結構キレイな状態のコミックセットを、合計で50冊近く送ったのですが、査定額は400円ちょっと・・・。

自動承認にしてしまったのでキャンセルもできず、こんなことなら売らなければよかったと悔やんでいます。

利用するにしても、自動承認は選択しないことを強くおすすめします。

先日700円で買取された漫画全巻セットが、3,000円で売りに出されてた!

ぼろ儲けすぎじゃないですか!?なんだか損をした気分でショックです。

自動承認にせず、他の買取店もちゃんとチェックしておけばよかった。

購入では何回か使ったことがありますが、今回初めて宅配買取を利用しました。

申込後、すぐにダンボールが届き、翌日には荷物を発送できたので非常にスムーズでした。

4箱分のコミックや小説を査定に出しましたが、査定額はトータルで1,000円くらい。

そこまで高価買取は期待できませんが、ゴミとして処分するよりはマシといったところですね。

ただ、入金されるまで2週間以上かかったのはマイナスポイントです。

近所のブックオフでは、雑誌の買取は行っていないので、いつも雑誌を売る時はもったいない本舗さんを使わせていただいています。

数十円程の買取価格ですが、数十冊まとめて売れば1,000円以上になることもあるので重宝しています。

たまに値段がつかない商品もありますが、返品は希望せず、リサイクルのために寄付したと考えることにしています。

自動承認には注意!査定額にはあまり期待がもてない

もったいない本舗の口コミを見ると、予想より査定額が安かったことに対する不満を持っている利用者が多いことがわかります。

大量のコミックや小説を詰めて送っても、1,000円に満たない査定額を付けられてしまうことも少なくないので、査定額を重視する場合は他の宅配買取店の利用も検討した方が良いでしょう。

自動承認を選択して、納得がいかない金額のまま買取になってしまい、後悔している人も中にはいるので、「処分目的だから、値段が安くても構わない」という方以外は、自動承認は利用しない方が懸命です。

また、商品を送ってから買取代金が振り込まれるまでには時間がかかり、2~3週間程入金を待たされる場合もあるようなので、なるべく早く現金化したい人には不向きなお店と言えます。

もったいない本舗の利用方法を紹介

1.Webフォームから買取の申し込みをする

もったいない本舗の公式HPにアクセスしたら、「集荷依頼フォーム」に以下の内容を入力して、買取の申し込みを完了させます。

  • お客様情報:氏名、電話番号、メールアドレス、集荷先情報
  • 宅配キット:希望ダンボール箱数、集荷希望日時

15時までの集荷依頼で当日集荷が可能な他、18時までのダンボール請求で当日に梱包材が発送されます。

急ぎの方は、早い時間帯に買取の申し込みをするように心掛けると良いでしょう。

2.売りたい商品をする梱包して集荷に出す

ダンボールを請求した場合、指定した住所へ梱包材が届くので、集荷希望日までに荷物の梱包をしておきましょう。

書籍はそのままの状態でダンボール箱に入れても問題ありませんが、ゲームやCD、DVDなどを発送する場合は緩衝材で商品の保護をすることをおすすめします。

緩衝材がない場合は、チラシや新聞紙を丸めて詰め、なるべく商品が郵送中に箱の中で動かないように工夫してください。

また、荷物を詰める際には、記入した買取申込書と、本人確認のための身分証のコピーを同封するのを忘れないようにしましょう。

複数の荷物を送る場合は、全ての箱に申込書と身分証のコピーを入れた方が良いのでしょうか?

どれか1つの箱に入れるだけで大丈夫ですよ。

買取申込用紙が入っているダンボール箱には、梱包材と一緒に届く、「買取申込用紙在中」と書いてあるシールを貼ってください。

梱包した商品は、ヤマト運輸のドライバーが、指定した日時に無料で自宅まで取りに来てくれます。

ダンボール箱と一緒に届いた着払い伝票を貼って、荷物をドライバーへ渡しましょう。

3.査定結果を確認する

商品が到着してから、通常で3日以内に査定結果の連絡が来るので、内容を確認して買取に出すか否かを決めて下さい。

万が一査定額に納得がいかなければ、買取をキャンセルすることも可能ですが、返送料は利用者負担となっているため、その点は注意が必要です。

そのまま買取を続行するなら、査定結果を承認して代金が振り込まれるのを待ちます。

査定結果のメールが届いてから、30日を経過しても返事を送らなかった場合は、商品は処分されてしまうので、なるべく余裕を持って返答した方が良いでしょう。

買取申込書にて「自動承認」を希望した場合は、査定結果の連絡が来る前に買取代金が支払われます。

支払い後の買取キャンセルはできないため、査定額を確認してから商品を買取に出すかを検討したい方は、自動承認を選択しないようにしましょう。

4.買取代金を受け取る

査定結果を承認したら、指定の口座へ買取代金が振り込まれます。

振込手数料は店舗側の負担となっているため、査定金額から料金を引かれる心配はありません。

査定結果のメールの内容と、実際に振り込まれた金額に間違いがないかを確認したら、代金を受け取って買取は完了です。

書籍の処分や雑誌の買取には利用できるお店

全体的に査定額が低いと評価されているうえに、買取価格アップのキャンペーンや特典が設けられていないため、高額査定を狙って利用するには不向きなお店ですが、状態が悪い商品や売り物にならないものでも無料で引き取ってくれるというメリットがあります。

査定額にこだわらずに、不用品を片づけるためだけに利用するなら、申し分のないサービスです。

また、どこのお店でも売れるわけではない、雑誌や教科書を扱っている貴重なお店の1つでもあるので、小説やコミックはもっと高値で売れそうなお店を利用して、雑誌・教科書類はもったいない本舗で売る、といったように店舗の使い分けをするのも一つの手です。

もったいない本舗を使う際は、完全な処分目的でない限り、自動承認は選択しない、返送料が自己負担であることを踏まえて使うなど、注意点を把握したうえで利用するようにしましょう。